見出し画像

香川に続いて大阪も?スマホ規制条例で日本オワコンか?

青島です。

先日、香川県で「子どものゲーム依存症対策」の条例素案として、18歳未満の中高生などのスマホの使用時間のルール化が掲げられて、マツコ・デラックス氏も反応するなど、話題になっています。

そして、香川に続いて大阪市も「不登校の要因の一つがスマホやゲーム依存であるとの実態にエビデンスがあれば」という前提で、スマホ規制を条例でルールしたらどうかということの考えも示しているそうですね(笑)

はっきり言って、爆笑していますwwwww

んなもん、親がしつけろよwwwww

まあ僕も実際、稼げるようになる前の数年前は人のことを言えた状態じゃないですがねwww

「じゃあ、バカ島さんはスマホ規制条例に反対なんですか?」と聞かれることを想定して答えますが、「どっちでもいいよ、そんなものw」って感じですね。

賛成でも反対でもないってことです。どうせ条例に強制力を持たせるのは難しいですからね。

今では、中学生でも高校生でもスマホやパソコンでゲームが作れます。

そのゲームのテストプレイはどうなるのか?

そういうものも全部含めるのか?

となると、境目をはっきり決めることは難しく、そもそも罰則を決めてまで厳格に制限を科すことは、物理的に不可能に近いと考えます(笑)

作ったゲームのテストプレイが無理とか、スマホアプリのテストプレイも無理とか、動向調査のためにスマホアプリやゲームもできないのか・・・ということが実現したら、日本はたぶん、石器時代に向かって戻っていって現代人絶滅・オワコン化すると思います(笑)

画像1

コンピュータ業界をまったく知らない可能性が高いパソコンもできないような議員や官僚のいる日本で、安易にこういったバカな事案を真剣に考えて、税金を無駄にしてほしくないものです(笑)

サイバーテロや不法アクセス、極悪ハッキングが巧妙になる中、コンピュータやインターネットに関連する法案の制定は大切だと思いますが、「子供のスマホ規制」なんて考えることが子供すぎて、いかにも日本のレベルを表していると思いませんか??www

だったら、他にも依存症みたいになる「たばこ」や「酒」そして「ギャンブル」なども、時間や量の規制を知ろよって感じです(笑)

たばこの健康被害は科学的には根拠不明?だけど統計的には、人体に危害がありそうなのはみんな感じていることだと思います。

酒は酔って暴れたり、冬場だったら路上で寝て凍死するとか他人にも自分にも直接危害が加わる原因です。

ギャンブルは借金まみれになって自殺、もしくは自己破産に繋がったり・・・(破産された方は大迷惑)

どれもスマホ依存症より深刻な問題につながっている気がしますが、時間や量を規制される様子が感じられません。

なんでだろ・・・って考えたときに、たばこも酒もギャンブルも、税収や利権が関わっているからじゃないかな~って感じですね(笑)

スマホに関しては、今のところスマホ専用の大きな税金って無いですからね(あったらごめんちゃいw)

ホントにお役人に都合の良い世の中だと感じます。

そもそもスマホ規制は親の指導やしつけが重要ではないのか?

今回の条例素案について思ったのが、「こんなことを条例で決めないと駄目な世の中になってしまったのか?」ということです。

先ほど、「日本は平和ボケしたコンピュータ業界も知らない議員や官僚ばかり」と批判しましたが、よくよく考えると、こんなことを真面目に考えなければいけない状態になってしまった議員や官僚様様も、かわいそうな気がしなくも無いです。

「昔と比べて親の力(権威)がめちゃくちゃ下がっている」って、本当に日本の未来が心配になるくらいです。

「子供の行動も、制限かけれないのかよ・・・」という感じですね。

例えば、僕が子供のころも「ファミコンは1日1時間」と決められていた家がほとんどです。

しかし、この1日1時間という制限の強制力が、親によってかなり厳しいものだった友達がほとんどです。

1時間を1分でも過ぎたら、電源コンセントを抜かれたり、あまりに言うことを聞かないとACアダプタのコードをはさみで切られたり・・・というのは、日常的でした。

画像2

僕の家だけでは無く、周りの友達の多くはこんな感じでしたね。

なので、必然とファミコンのプレイ時間に制限が無い友達の家が、みんなの溜まり場になるわけですが・・・(笑)

まあ、今こんなことをしたら「やりすぎ」とか「暴力」とか「虐待」とか言われそうですけどね。

どこの誰かもわからない他人の余計な干渉が強すぎるせいで、こんな世の中になってしまったのかな・・・とも感じます。

親が、スマホやゲームに対して制限しても「●●君の家は2時間なのに、なぜうちは30分なの?」と言われて、言い訳できない親も多いそうです。

人それぞれ家庭の事情や方針があるので一概には言えませんが、周りのバカ親のせいで、自分もバカ親になるしかないって感じですかね(^^;)

「批判や中傷をされないために、周りに合わせた無難な行動しかできない」となると、必然的にバカに合わせるしか無くなります。

バカがレベルの高い部分に合わせられるはずが無いので、まともな家庭がバカに合わせるしかなくなるわけですね。

ここままだと、マジで日本オワコンになる可能性が高いな・・・と本気で感じました。

バカの常識に合わせる必要が無い

なぜ子供が勉強もせずにスマホばかりやっているかというと、僕は大半の家で「親が勉強をしていないから」だと思います。

中には「お父さんは子供のころにこんなに勉強した」と過去の武勇伝を自慢げに語る親もいるかもしれませんが、それは過去の話であって、今ではありません。

例え昔まったく勉強しなかった人でも、今、子供の前で毎日しっかりと勉強している人の方が、子供は「お父さんも勉強しているから、僕も勉強しよう」となりやすいと思います。

画像3

少なくとも「俺も勉強してるんだから、お前も一緒に勉強しようぜw」といった方が、子供が勉強に対するやる気を持ちやすいと思います。

親が勉強もしていないのに、ガミガミ口うるさく「勉強しろ」といっても、説得力ゼロですね(^^;)

まあ・・・子供が勉強もせずにゲームやスマホを無制限にやり、依存症みたいになってしまうのも、親自身が毎日ろくに勉強もせずに、口だけはうるさい親のせいというのは、かなり大きいと思います。

親がゆとりが無いから子供もゆとりが無くなる

「親自身が勉強しろ」というと、意識高い系な人に思われるかもしれませんが、僕は別にそうは思いません。

というのも、昔と比べて今は非常に情報や物の進化が早い。

画像4

ちょっとでもボーっと過ごしていると、簡単に負け組になって取り残されてしまいます。

そして何も知らないから、人にコキ使われることでしかお金を稼げなくなります。

そうなると、帰ってから「疲れた」の連発で休日は寝て終わり。

ストレス解消の一環として、子供に八つ当たりしたり、怒鳴ったりしている人もいると思います。

こういったのが負の連鎖になっていて、今の日本の一般家庭に多いのかな・・・という印象です。

結局は、この負の連鎖を脱出することが、自分のためにも、子供の未来のためにもなるってことですね。

やっぱり、大人である親が「自己成長力」を見せて、子供に対して「お前はいいよな、若いから頭の回転が早くて覚えも良い」とうらやましがる言葉を投げかけるくらいが、ちょうど良いかもしれませんね(笑)

ほとんどの人が勉強をまったくしない今の日本なので、ちょっと勉強するだけで、インターネットを活用すれば副業でもめちゃくちゃ稼ぎやすい状態です。

ポジティブな思考や行動を起こしている人にとっては、非常に過ごしやすくて稼ぎやすい良い時代、しかしネガティブ思考で文句ばかり言って何もしない人は、どんどん負の連鎖に巻き込まれて乞食になる時代だな・・・ということを、子供のスマホ規制の条例素案で感じましたね(笑)

ちなみに僕の家は「ウチはウチ派」なので、まったく関係ありませんけどw

考え方は人それぞれ、しかし豊かになるのも貧しくなるのも、その考え方が反映されているだけってことですね(^^)

「意識高い系」くらいが、ちょうどよいと思いますよ(笑)

【お知らせ】現在、僕の方で無料のネットビジネスオンライン講座を開催しています。

PDF形式のレポートをいくつか配布しながら、稼ぐためのネットビジネスの基礎を学んでいく講座なので、興味がある人は参加してみてください(^^)

登録後、講座が不要であればいつでも簡単に登録を解除することが可能です。

⇒ 【完全無料】ネットビジネスオンライン講座の詳細はこちら

画像5

その他、ネットビジネスや副業で何か質問や相談があれば、お気軽にメールください(^^)

⇒ メールはこちら

⇒ 仮想通貨IMOは確実に儲かる?トークンを購入するときの注意点

⇒ 【自動運営サイトの裏側を全部公開します!】特別限定企画「ヤマタノオロチ」とは?


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ホームページやブログ作成、コンサルティング業務をしています。 より多くネットビジネスで稼げるようになる、役立つ思考などを提供できるように頑張ります。 【無料オンライン講座を開催中】⇒ https://wss-info.net/?page_id=8

2
ホームページやブログ作成、コンサルティング業務をしています。無料オンライン講座を開催中!⇒ https://wss-info.net/?page_id=8
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。