見出し画像

大学生に怪しいバイナリーオプションのUSBを売りつけるマルチ商法が多発

青島です。

先日、Yahoo!ニュースを見ていたら、こんな記事がありました。

USBにバイナリーオプションのソフトが入ってて、それを高額で売りつけるマルチ商法に大学生が引っかかりまくっているというニュースです。

なんか、この手の怪しいマルチ商法の手口は、数年前にも聞いた覚えがあるのですが、まだやってたのね・・・という感じで、少し呆れてしまいましたね(^^;)

それほど大学生に、この手の怪しいマルチ商法や投資のシステムを売るのが簡単・・・ということだと思います。

怪しい投資用のシステムの販売は詐欺にならないのか?

今回のニュースを見て気づいた人もいるかもしれませんが、「騙された」とか「詐欺」という言葉が出てこないんですよね。

なので、いわゆる民事裁判ということで、怪しいバイナリーオプションのソフトが入ったUSBを購入した大学生が、販売会社に対して「これは価値が無いから金返せ」という口喧嘩をしているのと同じ状態です。

販売者側の行為は、実際にUSBという品物を渡しているため、詐欺行為として立件するのが難しいんだと思います。

詐欺罪って、僕も被害届けとか出そうと思っても、成立の要件が難しくて警察の方で受理してくれないことが多いんですよ。

画像1

詐欺罪って、

1、騙す方は最初から故意的に騙すつもりで

2、相手が騙されて錯誤状態になり

3、錯誤状態のまま、お金や財産を渡しちゃう

4、すべての流れに因果関係があること

という感じだったと思います(詳しくは専門の先生までw)

なので、投資用のソフトが稼げるかどうかは別にして、「このソフトとUSBで53万円だよ」と初めから言っていて、現にその金額を支払ってUSBとソフトが引き渡されている限り、今回の件は詐欺で訴えるのは難しいんだと思います。

怪しい無料オファーも同じでで、「確実に稼げる」とか言って最終的に高額なゴミ投資システムを販売おきながら、詐欺にならないのは、実際に商品を提示した金額で引き渡しているからでしょう。

ぼったくりバーで、後から「お水1杯5万円」と言われて、支払い時に価格表と伝票を見せられるのと同じ仕組みとも言えます。

画像2

代金と同じでシステム自体は引き渡しているし、お水自体も引き渡しているからですね。

なので、今回の大学生マルチ商法事件に関しても「不適当な勧誘を禁止する特定商取引法などに違反していると主張している。」という程度の理由しか言えないんだと思います。

世の中の仕組みを良く考えてみれば怪しい商品かどうかわかる

ちなみに、今回の件は極端な考え方をすると、「実際は儲からない怪しい商品ではないか?」ということに感づくことが可能です。

まず、バイナリーオプションのUSBが53万円ということですけど、販売する側はUSBを1万個売っても、たった53億円しか儲かりません。

マルチ商法化して、媒介者に手数料を払っているなら、もっと利益は低いでしょう。

それで、もし仮にこのバイナリーオプションのシステムが本物で、実践者の人がたったの100万ずつ儲かったとしても、証券会社の負担的には100億円になります。

バイナリーオプションの怖いところは、負けたらゼロ、勝ったら倍という極端な「ギャンブル」の部分だと思います。

証券会社的には、極端な人数が同方向に賭けて、全員が勝ち続けたらたまったもんじゃないはずです(^^;)

※そのためにいろいろと対策されているようです。

画像3

現実的にはいくら勝率が高いとうたっていても、そのシステムが1万人、10万人にいきわたった場合に、本当に絶対勝ち続けて儲けることはできるか?・・・と考えると、相場が崩れたり、何かしらの対策がされるなども含めて、非現実的な話だよな・・・と感じるはずです。

何もない場所から、どんどんお金が生み出されているわけじゃないですからね(^^;)

販売会社側も、1万個も売っても、たった53億円にしかならないシステムを売りまくるよりも、確実に稼げるんだったら、その分 そのシステムに運用資金をブッコんで儲けた方が、はるかに楽だと思います。

それか、超大金持ちと手を組んで、利益を出した分の一部を手数料でもらうとかね(^^;)

それを、システムが本当に本物なら、わざわざ無知な大学生たち不特定多数に売りつけた上にマルチ商法さらに売るという方が 不自然すぎます。

53万円という金額も、学生ローンを組めばぎりぎり支払える金額ということで、購入希望者が借りれるお金をすべて奪い取ろうという魂胆が見え見えで、非常に悪質ですね(^^;)

よくある怪しい無料オファーの投資システムの金額の『29万8000円』とかも、お金がない人でも ぎりぎりで借りたり集められる金額ということで、この金額に設定されているということが多いです。

有り金どころか、借りれる金まですべて奪い取られないようにするには、怪しい情報に注意して よく考えてお金を使った方がよいですよ。

下手なシステムなどを購入するよりは、本や教材などで自己投資した方がよっぽどコストパフォーマンスは抜群です。

しっかりとした考えをもって、スキルや知識を身につければ、一生使えますからね(^^)

稼げる証拠や確信もない 一時しのぎ的な金儲けの話は、8割9割は酔っ払いの虚言だと思って間違いないでしょう(笑)

とりあえず在宅で何か稼ぎたい人は、投資も悪いとは言いませんが お金を失ってしまうリスクも多いので、なるべくリスクが無く、手堅い方法で副業をやっていくのがおすすめです。

いま、僕の方で無料のネットビジネスオンライン講座を開催しています。

PDF形式のレポートをいくつか配布しながら、稼ぐためのネットビジネスの基礎を学んでいく講座なので、興味がある人は参加してみてください(^^)

登録後、講座が不要であればいつでも簡単に登録を解除することが可能です。

⇒ 【完全無料】ネットビジネスオンライン講座の詳細はこちら

画像4

あと、ネットビジネスや投資の怪しい話についても検証した記事を書いているので、よかったら読んでみてください。

⇒ 怪しい儲け話の検証記事一覧はこちら

その他、ネットビジネスや副業で何か質問や相談があれば、お気軽にメールください(^^)

ではでは、青島でした。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ホームページやブログ作成、コンサルティング業務をしています。 より多くネットビジネスで稼げるようになる、役立つ思考などを提供できるように頑張ります。 【無料オンライン講座を開催中】⇒ https://wss-info.net/?page_id=8

1
ホームページやブログ作成、コンサルティング業務をしています。無料オンライン講座を開催中!⇒ https://wss-info.net/?page_id=8
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。