2人だけで

ame

毒とさえ呼ばれてしまった人類の発明品。

それでも私は必要としたい。
朝まだき、空を見上げること。
燦爛の白昼夢に、彩りを齎すこと。
彼誰時、隣に居ない貴方に心から触れること。

この小さな画面越しに
この先もずっと記憶を残します。

_________その走馬灯を貴方が貰ってくれませんか。
 
決して美しくないかも知れません。
蜻蛉のような儚い寂しさが靡くだけかも知れません。
 

それでも、どうか私と、
 
孤独にならない旅をしてください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ame
唄う小説を描きたい。美しい物を書きたい。 雨の日にいらして下さい。