新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

No.29/100【第3,643号】《ドクター・コンドミニアム 〜離島へお越しください〜》

小島の企画“生”ノート*2021年の妄想*
〜1年後の“きょう”を発想する〜

[発行:2020_05_20]

No.29/100【第3,643号】《ドクター・コンドミニアム 〜離島へお越しください〜》


ーーーーーーーーーーーー
医療従事者の皆様へ
我が島には医療従事者の方が宿泊できるコンドミニアムがあります。ぜひ、長期休暇の際は島にお越しいただき、リフレッシュしてください
ーーーーーーーーーーーー

島国の日本にはたくさんの離島がある。主に漁業や観光業を生業として、多くの人が生活している。しかし、新型コロナウイルスが感染拡大していた時は、「離島の来ないで」と訴えるほど医療が脆弱だった。高齢者も多く、感染が広がれば医療崩壊しかねなかった。

そのため、素人ながら島の医療について考えてみた。

今ある島の診療所にプラスして、平時より医療従事者が島にいる状態をつくるため、医療従事者の方が無料で宿泊できるコンドミニアムを作ってはどうだろう。

<ドクター・コンドミニアム>
(1)医療従事者および同伴の家族は無料で宿泊できる(要予約:管理は自治体)
(2)緊急事態が発生し、島の医療では足りなくなった時、医師として協力していただけること
(3)同様に、看護師は遠隔医療で医師の指示に従い、患者を診ていただけること

島に宿泊していただき、島を知っていただき、島に愛着を持っていただきたい。そんな思いのサービス。医療従事者の中で島のことが広く認知されたら、なお素晴らしい。

遠隔医療の時代がきても、島のことを知っていれば適切な医療が提供しやすくなる。

◆◆◆発想の起点◆◆◆
『思いを寄せる』

小島:答え合わせは1年後

ーーー

▼執筆者の小島とは?
私は「起業家」として新規事業の立ち上げ・収益化を実業としていますが、「企画参謀」として経営者を対象に新規事業の企画提案も行っています。
しかし、多くの経営者の相談を受けて社員の「提案力向上」の要望が多いため、社員向け「アイデア発想力トレーニング研修」を開発しました。
上場企業やグローバル企業など研修実績があり、手前味噌ですが、満足度も高いのですが、予算が少ない中小企業向けには、「通信教育版」も開発いたしました。
社員が自ら運営できるプログラムで自主性も育ち、発想力だけでなく、社員間のコミュニケーションが活発になるため、会社が活性化すると評判です。

▼あるものを活かして、ないものを創る専門家
『企画が欲しい』が全部叶う有限会社ウィッテム
https://iiidea.jp/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
私は「起業家」として新規事業の立ち上げ・収益化を実業としていますが、「企画参謀」として経営者を対象に新規事業の企画提案。しかし、多くの経営者から社員の「企画力向上」の要望が多いため、社員向け「アイデア発想力トレーニング研修」を開発。上場企業やグローバル企業なども研修実績あり。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。