WISE・WISE

豊かな社会と美しい森を次世代に届ける『森をつくる家具』。使うことで、つくり手や産地とつながる『暮らしの道具』。つくり手を訪ね、産地の風土、制作の背景、思いを伝え、日々の暮らしを彩るストーリーをお届けします。 *オンラインストア▶https://wisewisetools.com

WISE・WISE

豊かな社会と美しい森を次世代に届ける『森をつくる家具』。使うことで、つくり手や産地とつながる『暮らしの道具』。つくり手を訪ね、産地の風土、制作の背景、思いを伝え、日々の暮らしを彩るストーリーをお届けします。 *オンラインストア▶https://wisewisetools.com

    最近の記事

    「漆硝子・くつろぎビールグラス」を訪ねて、木曽の旅(後編)

    <関連記事> 伝統を守り、革新を続ける、木曽漆器の物語 「漆硝子・くつろぎビールグラス」を訪ねて、木曽の旅(前編) 木曽の豊かな森林と街道沿いに発展した、曲げわっぱと木曽漆器「木曽漆器」の生まれた奈良井宿や平沢は、江戸時代、京都と江戸を結ぶ中山道沿いにあって、多くの人が往来する宿場町として栄えました。 木曽は森林の割合が9割を占めるというほど。豊かな森林に恵まれた環境と、街道文化の中で木曽漆器は発展しました。  小坂玲央さん「木曽漆器の歴史は、およそ400年。場合によって

    スキ
    1
      • 「漆硝子・くつろぎビールグラス」を訪ねて、木曽の旅(前編)

        新宿から中央線特急松本行きの「あずさ」に乗って、木曽へ向かう。 松本の手前の「塩尻」の駅で乗り換えると中央線は途中から単線となり、車窓の景色は山へ山へと吸い込まれるように、山の奥深くへ進んでいく。 到着した駅は、「木曽平沢」。民家の甍が立ち並ぶ奥に、信州の山を臨んだ。 ―木曽路は全て山の中である。 「木曽」というワードを検索すると必ず出てくるのは、島崎藤村の「夜明け前」の第一節。 本当に、木曽路は全て山の中にあるんだなぁと、目の前に広がる景色と言葉がピタリとハマるのに妙に

        スキ
        5
        • WISE・WISE 、風土を物語る旅へ

          皆さんは、ご自身の家の家具がどこでつくられたか知っていますか? その家具をつくる木がどこから来ているのか? 食品や服には原産国が記されているにに、木にないのはどうしてだろう? 「なんの木?」というのは気にしても、「どこの木?」というのは気にしていなかった。 WISE・WISE は1996年に『豊かな暮らし』をテーマにするライフスタイルブランドとして誕生しました。日本全国の林業地とつながり、木材生産・加工・製造ネットワークを活用したオリジナルの家具の販売をはじめ、空間デ

          スキ
          3
          • 「漆硝子・くつろぎビールグラス」を訪ねて、木曽の旅(前編)

            スキ
            5
            2週間前
            • WISE・WISE 、風土を物語る旅へ

              スキ
              3
              3週間前