カナダで一軒家獲得のための手続き(その3/3)

モーゲージコミットメントを頂けるであろう18日(火)に信用組合に向かっている途中で信用組合の担当者から電話が入りました。ええ、嫌な予感というやつです。

「今日、資料が間に合わないからスケジュールを変えたいのだけど」

すでに家族揃って1時間半のバスの往路の途中でした。

「もう途中まで来ているのね、それじゃ、口座開設などできる手続きはやってしまうから、約束の時間通りにきてちょうだい」

ん? 

それじゃ、できない手続きはどうなるちゅーねん!

この続きをみるには

この続き:3,474文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
永住権がなくてもモーゲージ(不動産ローン)を得て不動産を譲渡してもらう手続きを弁護士さんにしてもらえます。その流れやちょっとした心構えをわが家のケースで書いています。

カナダで一軒家をオファーし、売主にオファーを受諾してもらってから、モーゲージ審査や住宅保険、弁護士に鍵を譲渡してもらい所有権が移るまで...

または、記事単体で購入する

カナダで一軒家獲得のための手続き(その3/3)

ウィニペグ商会

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

42歳で家族と共にカナダ移住に挑戦し45歳で永住権獲得。永住権を無事にとれるまでの経験をこれから移住を考えている人におすそ分け出来たらと考えています。ウィニペグで便利屋さんをしています。http://borusun.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。