雲海リベンジ

windcall
画像1 今朝は雲海を見ることができました
画像2 北斗七星が輝く夜明け前、すでに厚めの雲海が一面を覆ってました。
画像3 コンテナ埠頭の光で、雲海が輝いています
画像4 白み始めた頃、雲海と雲が少しだけ色づきました。
画像5 朝焼けが始まりました。いつも見える標高693mの青葉山が雲海に埋まって見えません。かなり雲海の高度が高いようです。
画像6 日の出30分前ぐらいから南風が吹き出し、五老ヶ岳山頂は雲の中になりました。昨日と同じような真っ白な世界になりました。日の出直前になると、山頂を覆っていた雲がなくなり、視界が開けてきました。
画像7 今回は、日の出を拝むことができました(^^)
画像8 朝日が高度を上げていくと、雲海が照らし出され美しい光景が広がります。
画像9 光がオレンジから黄色、白へと変化していくと、雲海のうねりが際立ってきます。
画像10 一面の雲海です。山頂には沢山の人!! 昨日と違って、シャッターを切ることで夢中です。 
画像11 東側に比べて西側の雲海は少し高度が低いようです。標高315mの建部山(丹後富士)山頂が顔を出してます。
画像12 やがて南風に押されて、山頂に再び雲がかかり始めました。日の出の時に山頂の雲が切れてミラクルでした(^^)  雲がかかり出すと、皆さんサッサと帰ってしまいましたw

この記事が参加している募集

カメラのたのしみ方

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
windcall

よろしければ、サポートお願いします! 撮影活動に活用させていただきます m(_ _)m