新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

柵(しがらみ)を素材にしたパフォーマンス

新型コロナウイルスにより私たちの生活は大きく変わった。
人との距離も、より慎重に考えざるを得なくなった。

「ただ、どんな制約にでもポジティブに考えられる要素は存在する。」

そんな想いを元にケイ・アラブナの即興で奏でる音からインスパイアされ、書:表月華と絵画:倉林雅幸が店舗などで飛沫防止幕としても使われるビニール幕に筆を走らせました。

台本なし、打ち合わせなし、前代未聞の組み合わせ、ぶっつけ本番、一発撮り。
生きるってことはそういうことだと思う。

コロナ禍という現象をアートの素材に、ケイ校長がパフォーマンスとしてディレクションさせていただきました。


舞台は石川県小松市の福祉施設「夢や」。
アトリエファイン と連携し、ケイ校長はギタリスト、ピアニスト、ボーカルの一人三役として、クラ先生はライブペインターとして参加しました。

ライブの模様をYouTubeに掲載したのでよろしければご覧ください。
わかりやすいように時間設定(目次)を作ってありますが、連続でご覧いただいた方がドギマギしたところなどが見れてライブ感が増すと思います。笑

当イベントに対するケイ校長の深ぁ〜い話は<Kei Arabunaホームページ>にて!

それでは皆様、善いお年をお迎えください!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
アトリエ・ファイン -atelier FINE

ここまでお読みいただきありがとうございます。皆様からいただいたサポートは新しい画材やおもしろい教材費用に充てさせていただきます!

石川県小松市にある子どもから大人までの総合アート教室「アトリエ・ファイン」。自分独自の表現力を身に着けることで、よりよく「生きて」人を「活かす」能力が付くところ。の校長、現代アーティスト ケイ・アラブナのブログ。 HP→https://finekomatsu.weebly.com