見出し画像

ウィリアム・ジョーンズカップ2019 日本代表発表!!!

どーも、わたぼーる だいち です。
今日もバスケ情報発信していきますね。

本日は日本での話題、"ウィリアムズ・ジョーンズカップ2019" の日本代表メンバーが発表されました!

ウィリアム・ジョーンズカップとは?

ウィリアム・ジョーンズカップ(William Jones Cup) は、台湾・台北で開催されるバスケットボール大会です。
初代FIBA事務総長だったイギリスのレナト・ウィリアム・ジョーンズが台湾に野球以外のスポーツを広げようと始まったのが由来。

1977年に第1回が開催されました。毎年7月ごろに行われています。
今までに40回開催され今回が41回目の大会となります。

今回の出場国は、日本、チャイニーズタイペイA、チャイニーズタイペイB、フィリピン、ヨルダン、インドネシア、韓国、イラン、カナダの計8チームです。

日本代表メンバー13名一覧

7月11日、日本バスケットボール協会(JBA)が「第41回ウィリアム・ジョーンズカップ」に出場する日本代表メンバーを発表しました。

日本代表メンバー (身長 ・体重/年齢/所属)
コー・フリッピン (186・80/23/千葉ジェッツ
安藤誓哉 (181・80/26/アルバルク東京)
テーブス海 (188・83/20/ノースカロライナ大学ウィルミントン校)
安藤周人(190・89/25/名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)
星野曹樹(195・88/21/白鷗大学)
橋本晃佑(203・107/26/宇都宮ブレックス)
平岩玄(199・103/21/東海大学)
ニカ・ウィリアムス(203・111/32/秋田ノーザンハピネッツ)
中村太地(190・86/22/法政大学)
小川春太(196・82/18/マサチューセッツ工科大学※進学予定)
シェーファーアヴィ幸樹(205・107/21/アルバルク東京)
渡邊飛勇(207・106/20/ポートランド大学)
張本天傑(197・102/27/名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)

以上13名が選ばれました。

この中で私個人が注目している選手3人を紹介したいと思います。

注目選手紹介

テーブス海

現在、アメリカでノースカロライナ大学ウィルミントン校でプレーしている。昨シーズン1年目ながらアシスト1試合平均7.7本という記録を残し、全米2位に輝いている。

テーブス海は日本のポイントガードの救世主とも言われています。
富樫勇樹というかなりの実力を持った選手がいるが、彼は身長が167cmと海外選手相手では穴になってします欠点があります。そこにテーブス海が入ることによってよりバランスの取れたチームになることが期待されています。

NBA入りも期待されているテーブス海。今後、彼の活躍にも注目です。

渡辺飛勇

アメリカのポートランド大学に所属している渡辺飛勇選手。身長は207cmとビッグマンとしての活躍が期待されている。
彼はハワイ育ち。大学では1年間試合には出ず、フィジカル面や技術のトレーニングを積んでいた。
これから彼の力で日本代表が世界と高さでも勝負ができる日がくるに違いない。

小川春太

アメリカ人を父親に持ち、ロサンゼルスで生まれ育った小川選手。年齢はまだ18歳。身長は196cmと大柄ではないけれど(日本人と比べたら十分大柄です)、身体能力とIQの高さから将来を有望視されている。

そして彼はなんと今秋からアメリカの名門、マサチューセッツ工科大学への進学が決まっている。秀才で身体能力が高いなんて完璧すぎますね。

彼が今後バスケの道へ行くのか、研究者の道へ行くのか注目です。

まとめ

そんなところで、ジョーンズカップはこれから日本のバスケの中心になってくる選手が多く出場します。
まだこれから日本人から有望な選手がたくさん出てきそうですね!
まさにスラムダンク以来の日本バスケブームがまだまだ続きそうな予感がします。
さらにここからNBAに行く選手が出てくれることを期待したいです。

ジョーンズカップの開催期間は 2019年7月12日(金) 〜 21日(日) です。
スケジュール/日本時間
①7月12日(金) 20:30~:日本 vs チャイニーズタイペイA
②7月14日(日) 16:00~:日本 vs フィリピン
③7月15日(月) 18:00~:日本 vs ヨルダン
④7月16日(火) 16:00~:日本 vs インドネシア
⑤7月18日(木) 18:00~:日本 vs チャイニーズタイペイB
⑥7月19日(金) 18:00~:日本 vs 韓国
⑦7月20日(土) 18:00~:日本 vs イラン
⑧7月21日(日) 16:00~:日本 vs カナダ

みなさん!日本代表を応援しましょう!!!


第5回 バスケット豆知識

今回はお金の話。
NBAはメジャースポーツに比べて狭き門です。
そんなNBAで活躍しているスター選手はどのくらいの年俸なのでしょうか。

2018-2019シーズントップの年俸の選手は、

ゴールデンステイト・ウォーリアーズのステフィンカリーです。
年俸:3,746万ドル(約42億4,100万円)

想像できないくらいの金額ですね。
逆に言えば夢のある職業ですね。

ちなみに今年NBAドラフトされた八村塁選手の1シーズン目の年俸は推定4億円超えと言われています。
これはNBAドラフトの1巡目10位以内で指名されたからの数字ですが。
それでもすごい数字です。

そんな形で、NBA選手はかなりお金もらってます(笑)

以上、バスケット豆知識でした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

これからも更新頑張ります!
1
【毎週火・木曜日更新中】 日本のバスケを大普及計画! バスケ情報(NBA、Bリーグ、高校バスケ)を発信! 日本にバスケの魅力・面白さを伝えて、広めるため活動中。 バスケ好き集まれ!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。