煩先生

幼女を擬態する悪文使いの詩人間。webに篭っては、ライトポエムを考え、美型詩と再翻詩に呪われた見解に陥ってます。ラブラバとガァルルに倖せを。此処は僕の海馬の代替装置。詩のデザイン。マッシブライアー。ファニーラヴレターズ。土着ヤプー。害の無いメンヘラ。なお、僕の延命治療は順調です。

煩先生

幼女を擬態する悪文使いの詩人間。webに篭っては、ライトポエムを考え、美型詩と再翻詩に呪われた見解に陥ってます。ラブラバとガァルルに倖せを。此処は僕の海馬の代替装置。詩のデザイン。マッシブライアー。ファニーラヴレターズ。土着ヤプー。害の無いメンヘラ。なお、僕の延命治療は順調です。

    マガジン

    • 愉快な男女が語る、理想のあれこれ

      • 41本

      毎回違うテーマで語る男女のの理想。 こんなんいいよね!、あれは嫌だよね、を交換ノート形式で書いていきます。

    ストア

    • 商品の画像

      「禁則の詞」

      インターネットで書いた「美型詩」を収録した詩集です。前回の詩集よりも縛りをキツくして、不自由で整然とした詩を載せています。装丁はちかくちゃんにお願いしました。なお、写真の煙草はアイテムに含まれていないので、ご了承下さい。冊子情報「禁則の詞」- 発行日: 2017年11月23日 (第二十五回文学フリマ東京にて発表)- 仕様: A6判 / 無線綴じ / 72頁 - 発行: 煩文庫 http://wazurai.org/配送- 日本郵便「スマートレター」で広島県から発送備考- 全てのアイテムを合わせて、1回の注文で2部まででお願いします (封筒の容量の都合です)- 3部以上ご注文の方は、2部単位に分けてご注文して下さい
      ¥500
      煩書店
    • 商品の画像

      「連続性に乏しい僕ら」

      インターネットで「ライトポエム」と銘打ち書いてきた四行四連詩たちを纏めて詩集にしました。僕にとっては単独の処女詩集になります。装丁や文字組のデザインはakzさんに協力してもらいました。http://wazurai.hateblo.jp/entry/2015/11/23/235900冊子情報「連続性に乏しい僕ら」- 発行日: 2015年11月23日 (第二十一回文学フリマ東京にて発表)- 仕様: A6判 / 無線綴じ / 62頁 - 発行: 煩文庫 http://wazurai.org/配送- 日本郵便「スマートレター」で広島県から発送備考- 全てのアイテムを合わせて、1回の注文で2部まででお願いします (封筒の容量の都合です)- 3部以上ご注文の方は、2部単位に分けてご注文して下さい
      ¥500
      煩書店
      • 愉快な男女が語る、理想のあれこれ

        • 41本

        毎回違うテーマで語る男女のの理想。 こんなんいいよね!、あれは嫌だよね、を交換ノート形式で書いていきます。

    • 商品の画像

      「禁則の詞」

      インターネットで書いた「美型詩」を収録した詩集です。前回の詩集よりも縛りをキツくして、不自由で整然とした詩を載せています。装丁はちかくちゃんにお願いしました。なお、写真の煙草はアイテムに含まれていないので、ご了承下さい。冊子情報「禁則の詞」- 発行日: 2017年11月23日 (第二十五回文学フリマ東京にて発表)- 仕様: A6判 / 無線綴じ / 72頁 - 発行: 煩文庫 http://wazurai.org/配送- 日本郵便「スマートレター」で広島県から発送備考- 全てのアイテムを合わせて、1回の注文で2部まででお願いします (封筒の容量の都合です)- 3部以上ご注文の方は、2部単位に分けてご注文して下さい
      ¥500
      煩書店
    • 商品の画像

      「連続性に乏しい僕ら」

      インターネットで「ライトポエム」と銘打ち書いてきた四行四連詩たちを纏めて詩集にしました。僕にとっては単独の処女詩集になります。装丁や文字組のデザインはakzさんに協力してもらいました。http://wazurai.hateblo.jp/entry/2015/11/23/235900冊子情報「連続性に乏しい僕ら」- 発行日: 2015年11月23日 (第二十一回文学フリマ東京にて発表)- 仕様: A6判 / 無線綴じ / 62頁 - 発行: 煩文庫 http://wazurai.org/配送- 日本郵便「スマートレター」で広島県から発送備考- 全てのアイテムを合わせて、1回の注文で2部まででお願いします (封筒の容量の都合です)- 3部以上ご注文の方は、2部単位に分けてご注文して下さい
      ¥500
      煩書店

    最近の記事

    固定された記事

    「紫煙は魂に成るか」

    私のお兄さんは、何時も精液の匂いがする。 特に朝起きて直ぐの時に一番濃い気がした。 我関せずのお兄さんに、家族は場を盛り上げるのを必死に堪えていた。達磨に墨を入れるのだって自粛していたし。 本人の名誉の為に言うが、お兄さんは童貞では無い。何度か可愛く無い恋愛を経験したと言っていたし、そう言う気配を何度も視た事が在る。ゴミ箱を漁ってコンドームを見付けた時なんかは、英雄に成った気分でトテモ感慨深いモノだった。勿論、今でも額に入れて飾っている。 だからなのか、なのになのか、お兄さん

    スキ
    12
    有料
    500
      • 公募審査員には早過ぎた詩篇の公開。

        試る屍姦で 声華を瞑して 鉄の藜羹で 理義を朝した 拠る迸散で 白磁を訳して 亀の悪草で 応作を濾した 識る未完で 名菓を制して 列の定稿で 痴戯を領した 彫る養蚕で 薬餌を泊して 雨の核相で 巧詐を捺した 「フリィー」 剃る嘔気で 安康を裁して 籥の他誌で 刀銭を浴した 着る明史で 瞑捜を結して 令の兵器で 秘鍵を療した 愚る早期で 三更を愛して 卓の矢視で 陽線を督した 試る金鵄で 恵送を滅して 弊の霊鬼で 利権を評した 「ラストゥ」 簸た遺矢で 営巣

        スキ
        3
        • 公開文通。

          愉しみです。

          • 「笑って寂しい四。」

            僕は胃袋に水を満たして 夜を泳ぐ魚になった 時折吐き出す言葉の泡に ずっとずっと遠くを想う 置いていくのが耐えられず 地下室の硝子瓶に詰め込みたいと 願ってしまうこの僕の心は 愛ではなくて恋だったんだね 人を殺した心地して 街を我が物顔で歩いてみる 灯りが照らす少年の 握ったナイフが震えてる 四肢切断された淋しい少女の 歯をただ磨く後ろの僕は その唾液に含まれる毒薬を 舐めて死にたいと願って止まない ビルの屋上は夏を知らず 電車のホームは冬を待つ そんなところで泣いて

            スキ
            6
            有料
            500
            • 公募審査員には早過ぎた詩篇の公開。

              スキ
              3
              3か月前
              • 公開文通。

                4か月前
                • 「笑って寂しい四。」

                  スキ
                  6
                  有料
                  500
                  2年前

                マガジン

                すべて見る
                • 愉快な男女が語る、理想のあれこれ

                  • 41本

                  毎回違うテーマで語る男女のの理想。 こんなんいいよね!、あれは嫌だよね、を交換ノート形式で書いていきます。

                • 愉快な男女が語る、理想のあれこれ

                  • 41本

                  毎回違うテーマで語る男女のの理想。 こんなんいいよね!、あれは嫌だよね、を交換ノート形式で書いていきます。