見出し画像

音楽の世界との入口を作ろう

音が出るようになったら、それを増やしましょう。

つまり、音楽配信サービスをSONOSアプリに登録しましょう。連携している音楽配信サービスの種類が多いのがSONOSの特徴です。まずはApple Musicとか、Amazon Musicとか、Spotifyとかを登録してみます。

なぜ音楽配信サービス?

音楽配信サービスのメリットは改めて説明する必要はありませんが、自分の好きなアーティストのCDを買ったり(もう古いかな)、デジタル音源を買うだけでなく、街で出会った曲をShazmに聞かせてそのまま連れて帰ったり、観た映画のサントラを帰りに聴いて帰ったり。

Amazon Prime契約をしていたら、Amazon Musicを使えますね。私は、Apple Musicを使ってます。月額980円ですが、年間だと9,800円。Apple Musicカードを安く買えばさらに安くなります。

SONOSには複数のサービスを登録しましょう

SONOSには、ぜひ複数のサービスを登録した方がいいです。というのも、SONOSアプリから曲を検索すると複数のサービスを横断して検索してくれます。

Amazon、Apple、Spotifyなど、日本で有名なサービスだけで無く、それ以外のものをSONOSと連携できるので、それらを試してみるのもオススメです。私も聞いたことがなかったサービスを試し、すっかり気に入ってしまって契約しました。この辺の話はまた別途。

─ ─ ─ ─ ─

今回は、音楽配信サービスを使って音楽を聴くことについてでした。自分でCDを買ったけど、配信サービスが扱っていないのはどうするのか? 次回は、「配信サービスが扱っていない曲を聴く」です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
やったー!!
1
SONOSを使うまでを楽にして、音浴びを楽しもう!  【SONOS好きのマーケッターです。Sonos好きによる、Sonos好きのための “SONOS Japan User Group” を仲間と立ち上げました→ https://sonos-com.amebaownd.com/