見出し画像

[取材日記]「うけたもう」の精神を山形の大地から

こんにちは! 立花です。

先週の10日の夜から、13日の朝にかけて山形県へ取材に行っていました! ひとりで!(笑)わたし、あんぱんとかこけしとか山形とか、わりとひとりで自由にやっているんですけれど、大丈夫でしょうか。
心配になりましたが、でもきちんと取材してきたので、その模様を今回はお届けしようかと思います。

まず到着したのは山形県の鶴岡。庄内エリアのひとつで山に囲まれた場所です(と言っても、山形そのものがどこへ行っても山に囲まれている)。

……あ、最初にお断りしなければならないのですが、今回わたしは何を思ったのか取材先以外の写真を一切撮っておりません(泣)。
それくらい余裕がなかったのかもしれません…ごめんなさい…でも、雪に覆われた山のつづれおりはほんとうにきれいで、十二単みたいに幾重にもかさなっていて日本画みたいな風景でした。わたしは海も好きですが山に惚けることが多いので、山形の風景はとても心癒されました。山に囲まれていて、守られているみたいで。……って、話せば話すほどなぜ写真を撮ってこなかったのか謎です、すみません。

さて、今回の山形取材のメインは、もとくらでは随所でお世話になっている小倉ヒラクさんのイベント取材!

↑ヒラクさん

この続きをみるには

この続き:2,083文字/画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

[取材日記]「うけたもう」の精神を山形の大地から

灯台もと暮らし

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
株式会社Waseiが運営する、これからの暮らしを考えるウェブメディア『灯台もと暮らし』の公式アカウントです。 http://motokurashi.com

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。