灯台の管理人。 2015年1月・2月号・3月号

97
記事

[取材日記]地域で暮らす人と人をつなげるということ

こんばんは、タクロコマです。

今日は、長野市の戸隠地区を担当している地域おこし協力隊の、栗原健さんにお話をうかがった記事が公開されました。栗原さんには、地域暮らしにまつわる15の質問にお答えいただいています。

・【地域おこし協力隊】長野市戸隠地区のリアルな暮らし - 栗原健 - 

記事公開にあたって、こちらの記事をブログで書いてもらいました! すごくうれしい。

・【地域おこし協力隊】灯台も

もっとみる

入社式がしたいです、しゃちょう

どうも、こんばんは! 立花です。

いよいよ2014年度ともおサラバですね、新年度、気持ちを切り替えてまいりましょう。って、そんなに変わらないかしら? とりあえず春はね、こころが飛んだり跳ねたり宙返りしたりで忙しい季節です、個人的な話ですけれども。

さくらが咲いてきたので、へんしゅうちょうのテンションが↑↑↑↑とうなぎのぼりなのですが、わたしはこの時期なのでWボスにお願いしたいことがありました。

もっとみる

[今週のタクロコマ]菜の花の辛子和えが美味しい

こんばんは。タクロコマです。

今週といえば桜の開花。お花見をしている人も多いのではないでしょうか? それともお花見はこれからでしょうか?

もっとみる

今週のもとくら更新記事まとめ

今週「灯台もと暮らし」で更新した記事をお届けします!

今週は以下の記事を更新しました。

【今日のひとしな】無農薬の生姜のお菓子 桐島畑の「黒しょうが」 | 灯台もと暮らし http://motokurashi.com/selection-kirishima-batake/20150323

【西荻窪・未来】変わりゆく、銭湯の暮らしにおける役割を「天徳湯」から考える | 灯台もと暮らし http

もっとみる

[ゆるぽむ日記]突然の「お気に入りPicsee大公開」の巻

こんばんは! 佐野です。

以前、しゃちょうが某ブログにてこんな記事を書いていました。

参考:チームの感覚を共有するために「Picsee」で写真を共有するススメ。 http://inkyodanshi21.com/gadget/apple-gadget/iphone/6462/

「Picsee(ピクシー)」とはアプリのことで、クローズドな写真共有に便利です。灯台もと暮らし編集部の5人で1つアカ

もっとみる

[編集後記]もうここにはいられない、23歳の別れ

こんばんは! 立花です。

先日、無事幕を閉じた西荻特集ですが、いかがでしたでしょうか。

ただただがむしゃらにつくり、これが一体どのくらいの人に届いたのか、メディア人間でありつつも、泥臭く作ったものは泥臭く見届けたいのが本音です。

本来ならば、今週更新した記事をいくつかおさらいするところですが、西荻企画が終わった今、以前、うまくことばにできなかった「たいへんさ」について、書いてみたいと思います

もっとみる

[音で聴く]海士町の「福祉」のあり方を変えたい。福祉協議会・片桐一彦さん

今回はもとくらで公開前の記事の取材音声を公開します。

今回は、海士町取材を先駆けてお届けします! お話を伺ったのは、東京から島にIターンして、海士町社会福祉協議会で局長をしている片桐一彦さんです。

「福祉」という言葉がなくなってしまえばいい、と語っている姿が印象的でした。片桐さんが考える福祉のあり方とは? 離島サミットをやりたい!というお話も、これからの島の課題を考えるうえでも聞いておきたいお

もっとみる

[ゆるぽむ日記]専業主婦より、働く方が偉い島。

こんばんは、佐野です。先日島根県の海士町に行きました。今は絶賛記事を作成中です。

3泊4日の海士町取材では、たくさんの話を聞くことができました。魅力的な話、驚く話、私の知らないメディアに出ない現実の話…などなど。

中でも私が印象的だったのは、海士町に図書館を作った磯谷さんという女性のお話です。

昨日、磯谷さんの記事を書きながら、改めて「そっかぁそれは新鮮だな」と思ったんです。

今日はそんな

もっとみる

取材日記:ショートカットする「渡り鳥」の勇猛さに脱帽

こんばんは、タクロコマです。

取材と言えば、「渡り鳥」の研究をする人の話を聞いたことがとても興味深かったのでお話させてもらいます。

* * *

もっとみる

[取材日記]西荻が教えてくれたことはお酒だけじゃないよ

こんばんは! 立花です。

先週のあたまに、満を持してはじめた西荻特集ですが、今週の中盤でおしまいです。そして、今日わたしは学生時代を過ごした西荻を離れて、都内の別の場所に引っ越します。

ああ、終わってゆく特集と学生時代……と感慨深い気持ちになりつつ、自分の住む場所を深く掘り下げ、中に暮らす人々に話を聞きに回るという作業は、体力的な意味とは別のところでとてもたいへんでした。

正直、まだその「た

もっとみる