灯台が出来るまで。2014年11月・12月号

98

【是非きてください】灯台もと暮らしローンチイベント発動します!

こんにちは! 灯台もと暮らし編集部です。とか言いつつ佐野です!

いつももとくらとnoteの記事を読んでくださって、ありがとうございます!

この度、もとくら初のイベントを開催する運びとなりましたので、お知らせさせていただきます。主催者は、もとくらを運営する(株)Wasei。場所は上野を予定しています。

当日は、もとくらの特集第一弾である【徳島県神山町】の裏話の他、インタビュー記事を掲載させてい

もっとみる

「灯台もと暮らし」2015年元旦オープンします!

こんばんは。佐野です。

ついに明日から「灯台もと暮らし」通称「もとくら」がオープンします。1

それに伴い、FacebookとTwitterアカウントの運用を始めました。

日々の記事更新のお知らせなど、様々な「もとくら」情報を発信して参ります。フォローしていただけると嬉しいです。

・灯台もと暮らし公式twitter  @motokura_PR

・灯台もと暮らし公式facebookページ  

もっとみる

雑誌「TURNS」編集者の松本さんを取材しました!

こんにちは! 立花です。

実はこの前のクリスマス、小倉ヒラクさんともう御一方、取材をしたのです。どなたをかというと……「TURNS」の編集者である松本麻美さん。

もっとみる

[ゆるぽむ日記]移動の夜がしみこむ朝と、ふたつの気持ち。

移動をすることで見える世界がある、と思う。

今回移動して、思ったこと。ふたつ。

ひとつは、その言葉を言われた瞬間はっとした。はっと、させられた。魅力的な男性だなぁと、思った。

もうひとつは、その質問に答えてから数時間後に、移動を終えて歩いていた時、ふと浮かんだ。

今日は、そのふたつを忘れないために、ここに書いてみたいと思って、今私は書いている。

もっとみる

発酵デザイナー 小倉ヒラクさんを取材しましたよ

こんばんは! 立花です。

2014年も佳境ということで、取材&執筆ラッシュです。12月25日のクリスマスに、鳥井さんと立花で取材に行ってきました(クリスマス感ゼロ!)。

糀(こうじ)ってすごくラブリー

もっとみる

[ゆるぽむ日記]日本百貨店って、知ってるかい?

にっぽん百貨店って知ってるかい?

にほん百貨店じゃなくて、にっぽん百貨店。

正式表記は日本百貨店だよ!

取材行って来たぜ!

(ちょっと最近寝不足のため、言葉遣いが荒くて申し訳ございません。)

今日は公開前に、写真を載せてみますね。

※日本百貨店:日本のモノ作りとスグレモノをテーマに、日本全国から素敵な物を仕入れて売っている、おかちまちが本店のお店です。

もっとみる

「Discover Japan」編集者 安藤さんに会ってきた

こんばんわんこ! 立花です。

もとくらではいろいろな切り口から、同じテーマで何本か記事をつくる、いわゆる小さい特集のようなものが、いーーーーっぱいあるのですが、そのうちのひとつが「紙媒体の編集者にインタビュー」です。

参照:[ゆるぽむ日記]まるで冷静と情熱のあいだのように。

記念すべき第一回目は、エイ出版社から出ている雑誌「Discover Japan」の編集者である安藤巖乙さんにインタビュ

もっとみる

もとくら掲載用の各自のキャッチフレーズを考え中です!

どうも佐野(@ein_seuen)です。

突然ですが、今メンバー全員のキャッチフレーズを考えています。

あ、いえ趣味でというわけではなくて、一応もとくらのメンバーページに掲載する用として…。

最初は「自分のキャッチコピーは自分で考えよう!」と言っていたのですが、それが結構難しかったので、とりあえず、メンバー全員でお互いのキャッチフレーズを考えてみることにしました。

以下は、それを羅列したも

もっとみる

[それぞれの編集哲学]編集者とプロデューサーの違いとは?

どうも鳥井(@hirofumi21)です。

それぞれの編集哲学、今日で最後となりました。最後は鳥井の番です。

もっとみる

[それぞれの編集哲学]雲を手で掴むみたいな話?

こんばんは。佐野です。

ついにやってきてしまいましたね、私の番…。私に編集哲学を聞くんですか?

その前にひとつ問いかけたいことがあるのだけれど、誰かWaseiの中で「私を編集者だと思ってる人」とかいるの?笑

じゃあなんで編集「長」なんだお前、と思ってくれた人は、このnoteを丁寧に読んでくださっている方ですよね。いつもありがとうございます。

「編集」と「長」はまた少し違うとは思います。みん

もっとみる