【香港のつぶやき】「まるで5年前のあの光景…」ある40代香港人女性のつぶやき

6月12日、香港での「逃亡犯条例」改訂反対派による議会封鎖から起きた「暴徒」認定。以下、わたしが非常に親しくしている、企業名を言えば誰でも知っているような国際的大企業の管理職を務める40代香港人女性の言葉を、本人の許可を得て翻訳しました。

 まるで5年前のあの光景がまた出現したようだった。でも、違うのは今回最前線で突撃したのは非常に若い人たちだったこと。彼らの恐れを知らない姿にわたしは敬服し、慚愧に堪えない。そして心が痛む。
 今夜、わたしが身をもって体験したのは、度胸というものが本当に追い詰められて大きくなるものなのだということだ。わたしはこれまでずっと、品位も成績も優秀で、公を尊重し、法律を守り続けてきて、この日ストライキに参加するかどうか悩み続け、結局休暇を取って現場にかけつけることにした。
 ありがとう、林鄭月娥。わたしに、ストライキは悪くない、街に出てデモをするのは基本的に市民としての責任を果たすことと同じこと、そして警官となじり合うのはわたしの義務と権利なのだ、と気づかせてくれたのはあなただ。
 この出来事がどこに向かっていくのか、今はわからなくなってしまった。だが、わたしにはっきり言えるのは、多くの人たちがすでに過激になる以外道はないところまで追い詰められてしまった、ということだ。林鄭月娥よ、わたしたちを暴徒へと追い詰めないでほしい。すぐに逃亡犯条例を撤回してちょうだい。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

このアカウントは、完全フリーランスのライターが運営しています。記事を気に入っていただけたら、下の「サポートをする」から少しだけでもサポートをいただけますと、励みになります。

ひゃっほーい!
18
フリーランスライター/香港14年+北京13年半から今日本。中国や香港の市民社会について日本メディアがあまり伝えない話題を紹介。まるっと講読は夜間飛行配信メルマガ「§ 中 国 万 華 鏡 § 之 ぶんぶくちゃいな」(月864円:http://bit.ly/1Sp0eJq )がお得。

こちらでもピックアップされています

Lost in Translation
Lost in Translation
  • 92本

メディアの誤報や日本社会が根本的に中華圏に対して勘違いしている点、日本ではまったく知られていない現地の声などをご紹介しています。ご理解の参考になれば嬉しいです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。