見出し画像

今月の宙予報・特別編【12星座占い】2020/10/23~11/21

さて、いよいよ12月に木星と土星が空で接近する「グレートコンジャンクション」が起こります。木星は約12年、土星は約30年の周期で太陽の周りを公転しているため、接近するのは約20年に一度のことですが、今回は397年ぶりに視距離0.1°まで近づいて見える「大」接近となります。

さらに今回は占星術的にも約200年サイクルの「時代の変わり目」にあたる特別なタイミングになるので、その直前となる今月と来月号は特別編として、思うところをお伝えしていきたいと思います。

なお、今月の宙予報から12星座別占いを一つの記事にまとめました。ちょっと長いですが、ぜひ「はじめに」からお読みください。


※定期購読マガジンご登録のみなさま※
いつもありがとうございます。マガジンには、また別の特別記事を書いていますのでしばしお待ちください。



はじめに


私がnoteを書き始めたのは2018年4月のこと。
占星術に馴染みのない人達も新しい時代への心の準備が出来るように、「少しでも早く情報を発信しなければいけない!」と駆り立てられるような気持ちになったことがきっかけでした。

その最初の記事は「未来を生きる為に必要なこと」というもので、内容はこんな感じです。

これから2025~2026年にかけては新しい生き方、働き方、それらに沿った考え方へとシフトしていく過渡期。社会や経済の構造だけでなく、個人レベルでも時代に沿わないものは容赦なく矯正されていくだろう…

当時はまだ、大きな変化は2022年頃からだろうと余裕に思っていたのですが、2020年にして既にこの変わりよう。。何が起きるかわからない時ですから、備えだけはしっかりとしておきましょうね。



さて、本題へ。

占星術というのは、「天の徴(しるし)が地上の出来事の前兆を示す」という古代からの考え方が基になっています。

画像1


古代の人々に太陽系の端をめぐる海王星や冥王星が見えたかどうかは定かではありませんが(諸説あり)、現代の占星術では地球よりも太陽から遠い軌道をめぐる木星、土星、天王星、海王星、冥王星の動きは、個人を越えた大きな範囲へ影響を及ぼすと考えられています。

これから2025〜2026年頃までの間というのは、そうした数十年、数百年の公転周期でめぐる天体が続々と新たなサイクルへと移り変わっていくことから、地球レベルでの環境変化や、国内外の状況・情勢が大きく変動していくと予測されるのです。


特に大きな動きの兆候となりそうなのがこちら↓

この続きをみるには

この続き: 20,347文字 / 画像6枚
記事を購入する

今月の宙予報・特別編【12星座占い】2020/10/23~11/21

鈴木 ワカナ / 占星家

550円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

酪農家支援のために牛乳をいっぱい買わせていただきます🐄

時の運を掴めますように(^з^)-☆
31
『星を読む子育てコーチ』メンバー。天体の動きを通して日々感じることを、占星術を知らない人でもフムフムと思えるように書いています。 💫『今週の宙予報』は、だいたい週一回のアバウト公開です。

こちらでもピックアップされています

今月の宙予報
今月の宙予報
  • ¥500 / 月

【12星座別月間占い】もっと自分らしく生きるための星読みです。※次回は12/21 19:00

コメント (2)
ワカナさんの星占いは、ちゃんと読めてる人特有の世界の展開が感じられて、安心して身を任せられます。(●´ω`●)

ドグドグ☆
山田スイッチさん
ありがとうございます😊
そう言っていただけると嬉しいな〜(〃ω〃)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。