【アイケイ】オンラインレッスンを受けてみた感想

おはようございます、アイケイです。
4月、5月はLINEグループ通話でのオンラインレッスンでした。

ボイスハート初の試みとなるオンラインレッスンを受けてみての感想を綴ります。アイケイ個人の思いですが、は~~そんな感じなのか~~とイメージがつけば幸いです。

※2020年6月現在、ボイスハートは通常通りレッスン場での対面レッスンに戻っています!

オンラインレッスンの流れ(簡易版)はこちら。詳細は別記事にみっちり書いています!
(1)レッスン(通話)開始、収録時間を連絡次第、通話終了
(2)各自練習
(3)収録(通話)開始
(4)収録確認、次の収録時間を連絡次第、通話終了
(5)各自練習
(6)2回目の収録(通話)開始
(7)2回目の収録確認
(8)最後の振り返り

■メリット
・移動費用、移動時間がかからない
OLしながらレッスンに参加するアイケイにとって、これはめちゃくちゃでかかったです。仕事が長引いてレッスン遅刻・欠席が続いた時期もありましたので…。レッスン場以外から参加できるというのは最大の利点なのでは!?と思うほどでした。

・自分自身に集中できる
アイケイはオンラインレッスンを自宅で受けたのですが、練習時間はとにかく自分に集中できました。
良い悪い半々なのですが…相手がこんな風にやっていた、という影響を練習段階で受けることはないかも。
自分でこうやる、と決めたものを追求できました。

■デメリット
・2人以上で行う芝居ができない
相手との会話が発生するものや、複数人で芝居を行う題材はもちろんできません…。自身をとにかく探求!ももちろん必要だと思いますが、やっぱり相手がいてこその芝居もあると思います。2人芝居でも人によって表現が全然違いますし、お互いに与える影響も異なります。
オンラインレッスン期間中は、早くだれかと芝居したい!と思ってました。

・映像を伴う課題を取り扱えない
アテレコやナレーションなどですね。
映像の長さは決まっているため、そこにいかに自分の芝居を持っていくかという思考力と技術力が鍛えられます。映像ありきの課題好きなんです!早くやりたいな~ともどかしさを感じてました。

・主宰、レッスン生とコミュニケーションが取れない
お話好きなアイケイにとって、1番の痛手でした。
レッスン場に全員集まっているからこそ、練習時間にちょっとした相談ができたり、お互いの自己紹介ができたり、人間関係を築くことができます。
なにも楽しみたいから、だけではなくて、コミュニケーション能力を高める訓練になると思っています。
これはレッスンに参加した方なら「あぁ~」と頷くと思うのですが、
初めましてと挨拶をする⇒2か月後にたまたま同じレッスン日時で会うなんて事はざらにあります。
そのときに相手を覚えているか、相手に覚えられているかは、とても重要なんやないかと思うのです。第一印象のインパクトをあげる、相手の顔を覚える、といった力がつくと思うんですよね…。
ちょっと真面目に語ってしまいましたが、結論、アイケイはみんなと会えるレッスン場でのレッスンが好きです(笑)。

細かく語れば、メリットもデメリットもまだまだあります!
ボイスハートのレッスン方法増加という結果も残りましたね!!
外出自粛期間中も上手に自分を磨くことができました。
引き続き頑張りましょう!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
2
当塾は、㈱青二プロダクションに所属する声優、小林通孝が主宰する声優養成塾です。 お試しオンラインレッスンも開講中。 興味がある方は、ぜひ下記URLまで! 当塾詳細はnote記事でもご確認いただけます。 http://www.voiceheart.jp/index.html