見出し画像

うずフェス(仮)オールナイト映画上映

うずフェス(仮)の中の人です。
チケット第2弾の発表です。映画のオールナイト上映です。

オールナイト映画上映@浅草

これだけはどうしてもやりたくて、これだけは我を通しました。
映画が好きで、映画ばっかり見ていた学生時代を肯定するためです。

オールナイトで映画を見ることは、地方出身の僕にとっては夢のような体験でした。
今でも銀座シネパトスで見たジョン・カーペンターの映画を覚えています。
電車が通る音が次第に消えていくはずなのに、「その音」が聴こえてしまう。そんな不思議な体験でした。

映画には深夜が似合います。
昔はお金も無かったので家でレンタルDVDばかり見ていました。
映画館の暗闇を体験するために、周囲の音も消えていく深夜2時とか3時とかから映画を見始めて、夜明けと共に映画が終わっていく。そんなことを繰り返していた気がします。

しかし、東京に住んでいても、オールナイトで映画を見るチャンスは極端に限られています
だからこそ、たった一日だけでもオールナイト上映をしたかったのです。
「浅草という街で」「オールナイトで」映画を上映することに意味があると思ったからです。

浅草九劇に繋がっていく「浅草六区」は、かつて日本一の歓楽街でした
映画館、寄席、芝居小屋、ストリップ劇場などが密集して、エンタメの熱狂が渦巻いていました
文献でしか当時の状況を知らなくても、写真を見るとその活気、熱狂が伝わってきます。


そして、浅草六区で昭和初期に創業された5つの映画館「浅草世界館」「浅草シネマ」「浅草新劇場」「浅草中映劇場」「浅草名画座」は、2012年に閉館になり、浅草から常設の映画館は無くなってしまいました。
娯楽の街“浅草”から映画館が無くなってしまったことの寂しさはなかなか言葉にできません。

だから、どうしても浅草に映画の灯をともしたかったのです。それもオールナイトで。
オールナイトの素晴らしいところは、終電が無くて帰れないことです。帰れないんだから映画を見るしかない。
お目当ての映画以外も見ることになり、興味が無かったはずの映画に心を打ちのめされる。そんな体験を提供してくれます。超高精度のレコメンド機能では出会うことのできない出会いがあります。

映画を見終わると、次第に明るくなっていく浅草の街が待ち受けています。そんな状況で見る浅草の街は、きっと違う表情を見せてくれるはずです。

かつて浅草を賑わせていたスクリーンの灯を再び。
そんな気持ちでオールナイト上映を企画しました。ぜひあなたの目で確認してみてください。

浅草九劇は、「常設の映画館」ではありません。
通常の映画館での上映形態ではなく、スクリーンを吊るしてのBlu-ray上映、あるいはデータ上映です。(この条件で上映を許可してくださった皆様、本当にありがとうございます。)
そんな上映環境でも、あなたの中にある何かを突き動かされる5本の映画を上映します。

うずフェス(仮)オールナイト上映
~女性とか若いとかそんなのどうでもいい、目の前の映画を見て~


【日時】
4月13日(土)22:45開場/23:00開演/05:00終映予定
 ※ 終映時間は予定です。当日の状況により変更になる可能性があります。

【上映作品&トークショー】

井樫彩監督『溶ける』45分
☆トークショー:井樫彩監督×道田里羽さん(転換&休憩込み25分)
前田聖来監督『いつか輝いていた彼女は』35分
☆トークショー:前田聖来監督(転換&休憩込み25分)
首藤凜監督『なっちゃんはまだ新宿』93分
☆休憩(10分)
根岸里紗監督『三つの朝』30分
安川有果監督『Dressing UP』68分
☆トークショー:安川有果監督×根岸里紗監督(転換&休憩込み25分)
★皆様ご登壇でのご挨拶(5分)

※ トークショーの登壇者は都合により変更にある可能性がございます。ご了承ください。

【入場料】

入場料:2,000円(前売り)/2,500円(当日)
 ※ 投げ銭コイン300円分が含まれます。
入場料【学生】:1,500円(前売り)/2,000円(当日)
 ※ 投げ銭コイン300円分が含まれます。

【場所】
浅草九劇
〒111-0032 東京都台東区浅草2-16-2 2階
 東京メトロ銀座線 浅草駅 1番出口より徒歩10分
 都営浅草線 浅草駅 A4番出口より徒歩10分
 首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス 浅草駅 A1番出口より徒歩5分

【座席】
全席自由席、整理番号順の入場となります。
開場時間(22時45分)にチケット記載の整理番号順でご入場いただきます。

【チケット購入】

コチラからお買い求めください。

http://w.pia.jp/t/uzufes/

本当に素晴らしい映画ばかりです。ぜひお越しください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
2019年4月12日(金)、13日(土)、14日(日)@浅草九劇“何者かになりたくて、なれなくて、それでもなりたい”あなたのためのエンタメフェスです。投げ銭します。前売りチケット発売中⇒:http://w.pia.jp/t/uzufes/