見出し画像

ぱるるの演じ力

元AKB48  ぱるるの話です。

グループ在籍時、いかにぱるるは無理をしていたか。

なぜ、相容れないキャラクターを演じ切れたのか?

振り返れば、SKE48 須田亜香里とは対極にある、
演じ力を発揮していました。

須田ちゃんはナチュラルな須田亜香里が透けて見えるタイプ。

ぱるるはそうではない。

グループやメンバーのことを考えたとき、
自分の役割を実はしっかりこなしていたのです。

そもそもおとなしいと思われるぱるるが、
人前でアイドルとして立ち振る舞うのは、
奇跡のようなことだったのです。

素の自分とステージの自分

とりわけ自由奔放になりがちな地下アイドルには
自覚とコントロールが必要ですね。






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!