見出し画像

入社&広報担当になって3年目。会社の看板デザインを任されたってマ??

みなさんこんにちは!生塩工業に入社して3年目、広報担当のimaです♪
 
生塩工業に新たに資材置き場が誕生!
 
生塩工業ではプラント配管工事を行っています。配管を組み立てたり溶接したり…。
とっても大きな配管を扱うことが多いので、資材を置く場所は工場内だけでは収まらず。
そこで生塩工業に新たに資材置き場が誕生しました!!とっても広くてこれなら材料を沢山置いても大丈夫そうですね✨
 
土地を契約したのと同時に門扉を作ることになった資材置き場。
そこで「生塩工業の資材置き場」と誰が見ても分かるように看板を設置することになりました。
 
さて看板のデザインはどうするの?という話になるわけですが…。
 
肝心な看板のデザインについて。嬉しいことに社長が私に声をかけてくれました。
以前から広報として社内報やリーフレットの制作のために、独学ではありますがIllustratorやPhotoshopについて勉強をしていました。その努力のおかげなのかこんなにも重大なお仕事に抜擢されました。とっても光栄で嬉しいことです!
私の実力を発揮する時が来ました💪🏻
 
独学で学んだIllustratorやPhotoshopをつかってどう作成していったのか?
 
私は小さいころから空想のモノを考えることが好きでした!
ただ、自分の頭で考えたものを実際に自分の手で形にしていくことは難しく、そのままになることもありました。
しかし生塩工業に入社してからありがたいことにIllustratorやPhotoshopを学ぶ機会が増え、自分の頭で考えたものを少しずつ形にしていけるようになっていきました。
 
でも私には苦手なことが。アイデアの引き出しが少なく、いいアイデアが1回思い浮かんだらそれしか出てこなくなってしまうんです💦
よりよいデザインを考えるためには、複数のアイデアを出して比較検討することが大切です。そうすることで相手(社長)が求めるものをより明確に具現化できるとも思います。ところが、パターン1が出てきてもパターン2以降はすぐに出てこず…。
今回、看板製作をする上で一番苦戦した部分かもしれません。
 
そこで私はヒントになりそうなものをいくつか頭にインプットすることにしました。
まずは色々な看板を調べるところから始めました。資材置き場とくくるのではなく看板と言われるものは全て見ていきました。あとは町中にある広告とか…。
上記のことをすると「このフォントは目に入りやすい」とか「この色味はインパクトがある」など様々な情報をインプットすることができます。もちろん、門扉以外の仕事のヒントになりそうなデザインもたくさんあるので一石二鳥だったりします。
 
そして次に着目したこと。それは会社のHPやパンフレットのデザイン。
今回制作するのはあくまでも「生塩工業の資材置き場の看板」です。会社のイメージに合わせて制作することで、より会社としてのブランディングに統一感がでます。
生塩工業のキャッチコピーは「世界で最もやりがいのあるプラモデルをつくる会社」です。これは生塩工業のHPにもパンフレットの表紙にも記載されています。さらには工場の看板にも使われているんです。なので統一感を出すべくこの一言を使うことに!
 
だんだん自分が作るべきデザインを絞れてきました。
いったん整理してみると逆にアイデアが広がるんですね!
 
テーマ(軸)をしっかり決めて、ところどころいじってみたり変更してみたり…。
するとパターン1はもちろんのことながらパターン2もサクっと作れるようになりました。
結果的に案を3つ出し、社長に確認をし決定→発注依頼という流れになりました。

実際に制作した企画書をチラ見せしちゃいますね😉


 
実際に自分がデザイン制作した看板を見て感じたこと
 
いよいよ看板が設置される時がきました。制作をする段階でサイズの数値は聞いていましたが…。実際目にするとデカくてびっくり!デザインの最中はPCのモニター上でしか見れていないので実際のサイズ感はいまいちだったんですが。第一印象としては「迫力スゴ!!」でした。
 
実際に目にした瞬間はまだ実感は湧きませんでしたが、日が経つにつれて「あの看板は私がデザインしたんだ」と思うように。自信に繋がりました😭
 
自分自身で考えたものが形になり、いろんな人の目に留まることになるということを考えると、達成感や嬉しさが込み上げてきます…。感慨深いです。
 
今回の学びを振り返ってみよう!
 
私は、デザインを考えたり制作すること自体は好きですが、やはりアイデアの引き出しの少なさを実感しました。以前の私はやみくもに考えることが多かったのかもしれません。
今回、テーマをしっかり決めて軸を定めたことにより、想像の幅が広がり様々なアイデアを思いつくことができました。
毎月制作している社内報や、またデザイン関係のお仕事があれば、まずはテーマを決めることを意識していきたいと思います。そして引き出しを増やしより良いものを制作できるようになること間違いナシです!
 
改めて私はデザイン関連のお仕事は好きだなと感じました。
頭の中で考えることも好きですし、それを自分で表現し形にしていくのも大好きです。
これからもデザインについて勉強をして極めていきたいところです!!

この記事が参加している募集

広報の仕事

はじめての仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!