見出し画像

終わりを迎えることは必ずしも悲しいことではない

林知佳✈️旅する複業家🌺

こんばんは。林知佳です。
祝日が挟まると、なんだかなんでも出来ちゃいますね!

1日くらいなんのその。

そして台風くるやん!メアリーって誰なんだ(台風の名前)

自分サイトもリニューアルしてみました。この数日コツコツと作ってたよ!

ペライチで働き出して、確実にこのページを作るスピードと「いい感じ」に作れる脳みそが出来上がってる気がする。

さてさて今日は「終わり」についてお話します。

今まで9回も転職してきたから、「終わり」を迎えることには慣れているはずだけど、やはり相手から「終わりだ!」と言われることは、嫌な感情が湧いてしまいますよね。

瞬時のモヤっとは、「終わり」を告げられる時に一生あるだろうし、仮に、その感情を失えば、感情がない面白くない人だと思うから、これでいいとも思う。

でも少し考え方を変えてみたら、どう?もしかして「終わり」が新たなる感情で始まるかもしれません!

そんなお話

失恋も同じくそうよね?

失恋した時、過去の私なら「THE END」もう人生終わった・・かの勢いで、痩せ細っていきました。

どれだけ全速力で私、恋して生きてたのか?

でも考えてみると、失恋したから、新しい恋に出会えることもありますよね?

その可能性に失恋した時には気づかない。

過去ばかりみると、前が見えないので、この恋愛の経験からも学び、次に心の土台を持っていく。これ案外大事だけど、できないこと。

今回の終わりは2つ

かれこれずっと携わっていたことが終わりを迎える8月

これはなんかあるわ・・と思いながらも、仮に同じ状況に2年前になっていたら、耐えられなかったと思います。

過去ばかり見ていただろう。そして過去に縋り、前に進むことをしなかった。

でも今は「この隙間に何が入ってくるんかな?」という気持ちの方が強い。

だからこそ今楽しい気持ちでいられるんだろうな。

過去は振り返ってもいいけど、思い出は思い出!
そこから何かが生まれることは少ない。

次の土台を作るのは、あくまで自分なのです。

今回終わる2つに関しても、次に生かしましょう(自分に言ってる)

悲しむ人にいいことは入ってこない

過去は、悲しんで「誰か可哀想って言って」という気持ちで生きてました(性格悪っ)

でも悲しくて、悲しくて、同じ話ばかりしかしない人に人は寄ってこないし、いい出来事は起こらない。

悲しむことが悪いことではないけれど、何も生産性がない悲しみを人にぶつけても、何にも起こらん。ということです。

自分の足で立つんだ!それだけよね!

さいごに

運とか縁とか言うと、とても怪しいし、占い師っぽいけど、それはあるよね?タイミングも然り。それはそれで偶然ではなくて必然!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
林知佳✈️旅する複業家🌺
転職9回、現在フリーランス 仕事の悩みから恋愛相談までなんでも得意です! LINEのDMからお問い合わせ受付中👇 https://lin.ee/oie0tje