見出し画像

幸せの沸点は20度くらいでいい

本noteは、占いに約30万もつぎ込んだ、現役占い師が語る、なんとなく元気になるnoteです。

幸せの沸点とは、「あ〜!私めっちゃ楽しい!」と思える温度感のことを指します。

本日は、事例を挙げて、幸せの沸点が高いとどうなるか?低いとどんな良いことがあるか!をお話します。

幸せの沸点の事例を挙げてご説明します

例えば、極端な例ですが、Aさんの沸点は100度。Bさんはの沸点は20度とします。

そのAさんの、幸せの沸点の100度は

"彼と一緒にいること"でしか幸せを感じられない。

Aさんは、たとえ美味しいお肉を食べても、旅行に行っても、彼とではないから幸せではない。

彼と一緒にいること以外、何もかもに虚無に感じてしまいます。

対して、Bさんの沸点は20度。

Bさんも、彼氏はいますが、

彼と一緒にいるときも、もちろん楽しいし幸せだけど、1人でいるときも、友達といるときも、ポテチ食べてるときも、いつだって楽しくて幸せ。

この温度感、とても大事で低ければ低いほどいいわけではないけど、幸せに感じられるポイントが多ければ多いほど、幸福度は上がるんです。

また相手に依存してしまう幸せは、自分ではコントロールできないので、避けたほうがベター。

ぐっと幸せの温度感を下げ、幸福と思えるポイントが増やせると、もっともっと幸せな人生になるんじゃないかな。

人に依存すると、人のせいにする

誰かに依存するのが、悪い訳ではありません。

でも、誰かに依存してしまうと、その人や場所がなくなったときに、自分の居場所がなくなってしまう。

もちろん誰かといることは、幸せで楽しいこと。共感や共有もできる世界は素晴らしい。

ただ、その人は永遠に一緒にいられる訳ではないかもしれない。

自分で100%楽しい!と思えているところにプラスαで誰かがいる感覚が、一番正常で安定しますよ。

さいごに

占いに頼る人は、彼絶対!!それ以外は全然楽しくなくて、苦しい・・と思う人も多いとお見受けしてます。

でもここまで大げさではないにしても、幸福度を感じるには沸点がとても高い人が多いと思います。

あなたの幸せが、シュークリームを食べるだけで叶えば、セブンにいけば叶う。そんな幸せの形があってもいいと思う占い師はこちらです。

https://twitter.com/chiika523






この記事が参加している募集

いま私にできること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
お役に立てたら嬉しいです!スキありがとうございます!
8
占いで働く人を元気にするメディアを運営中! 仕事の悩みから恋愛相談までなんでも得意です!働く人の相談おっかさんになりたい! LINEのDMから取材依頼受け付けます!取材してほしい経営者様、ご連絡ください。 https://lin.ee/oie0tje
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。