見出し画像

ジョージアの自然と人の神秘なる交感、映画『聖なる泉の少女』アップリンク吉祥寺にて10/18より

都内では岩波ホールで上映されていた『聖なる泉の少女』が、10月18日(金)よりアップリンク吉祥寺にて上映がはじまります

『聖なる泉の少女』は、ジョージアのアチャラ地域に昔から口承で伝わってきた物語に基づいた作品です。

古代の信仰の世界を通して、人と風土の内面的な絆の深さ、そこから生まれる神話的世界を描く。心の世界を置き去りにした今日の物質文明に異議を投げかけます。

2018年アカデミー賞外国語映画賞ジョージア代表にも選ばれ、2017年の東京国際映画祭のコンペにも出品されました。

矢田部吉彦(東京国際映画祭プログラミング・ディレクター)「優れたジョージア映画は、伝統の継承と破壊を独自の映像美で綴る。その中でも『聖なる泉の少女』の恐るべき懐の深さには震えてしまう。至上の美、という言葉は本作のためにある」

画像1

『聖なる泉の少女』
2017年/カラー/ジョージア語/ジョージア+リトアニア/91分
監督・脚本:ザザ・ハルヴァシ
出演:マリスカ・ディアサミゼ、アレコ・アバシゼ、エドナル・ボルクヴァゼ、ラマズ・ボルクヴァゼ、ロイン・スルマニゼ

---

UPLINK
https://www.uplink.co.jp/

instagram
https://www.instagram.com/uplink_film/

Twitter
https://twitter.com/uplink_jp

Facebook
https://www.facebook.com/uplink.co.jp


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Thanks !
7
UPLINKは映画の製作配給を軸に、常にインディペンデント・スピリットを持った作品を発信します。https://www.uplink.co.jp
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。