見出し画像

ガチホ戦略は絶対的正義なのか〜狼狽売りの真実〜

2月中旬から始まった調整局面、ハイグロの焼かれっぷりはなかなかえげつないですね。この時によく聞こえてくるコメントが「狼狽売りしないで」「ガチホが正解」というような声。

でも「ガチホが正解」ということは、将来、今の株価水準まで戻ってくる事を想定しているわけで、「なら、暴落しているまさに今売って、安値で買い戻した方が最終的にはお得では!??」といつも釈然としないものを感じていました。

というわけで、買い戻し戦略を取った場合と、ガチホ戦略を取った場合とを比較し、どの時点での売りが狼狽売りと言えるのか、シミュレーション(という名の皮算用)してみました。

①ガチホ戦略

想定したのは次のような銘柄です。1株1万円(100ドル)の銘柄を100株購入(100万円の入金)。20%利益が乗ったところで調整局面に突入。一時は8000円まで値を下げたものの、その後回復し、もとの水準(1万2000円)まで回復したところで利確。

買い戻し.001

この時、売却益は20万円。源泉徴収の20%が引かれ、最終的に16万円の利益となります。

② 利確+買い戻し

次は、早めの撤退戦略です。

買い戻し.002

今回の調整は大きくなりそうと考え、利益のあるうち(1万1000円)に利確します。売却益は10万円で、税引き後8万円。その後、思惑通りさらに下がったところで9000円で買い戻し(120株)。その後さらに下がるものの、そこは耐え抜き、1万2000円まで回復したところで利確。すると、最終的に36万8000円の利益となります。ガチホに比べて+20万8000円。

③ トントン+買い戻し

次は、トントンで抜けて、安値で買い戻したパターンです。

買い戻し.003

含み益がどんどん溶けていくのに耐えきれず、買値に戻ってきたところで売ってしまいました。手元の100万円を握りしめ、下がりきったのを確認し、上昇局面の9000円で買い戻し(111株)。その後、1万2000円まで回復したところで利確しました。すると、最終的に26万5600円の利益となります。ガチホに比べて+10万5600円。

④損切り+安値買い戻し

次は、損切りするも、強い意志を持ち、安値で買い戻したパターンです。

買い戻し.004

ガチホ戦略を取る心づもりだったものの、含み損が増えていくことに耐えれず、結局9000円で売却してしまいました。手元に残った90万円。さらに下がる株価を見て、8000円で買い戻しました(112株)。その後、株価は上昇。1万2000円まで回復したところで利確しました。すると、最終的に25万5200円の利益となります。ガチホに比べて+9万5200円。これでもまだ売った方が得なんですね。

⑤ 底値損切り+高値買い戻し

次は、逃げ遅れてしまった上に、慌てて高値で買い戻してしまったパターンです。

買い戻し.005

含み損が増えていくことに耐えれず、結局8000円で売却してしまいました。振り返ってみるとここが底値でした😥…。手元に残ったのは80万円。さらになんと、相場の雰囲気は一転、株価はするすると上昇するではありませんか。慌てて9000円で買い戻しました(89株)。その後、1万2000円まで回復するものの、最終的な利益は1万4400円となりました。ガチホに比べて-14万5600円。

⑥ 半分利確+安値買い戻し

最後は、②を踏襲しつつ、石橋を渡る派。利益があるうちに半分のみ利確し、下がったところで買い戻す戦略です。

買い戻し.006

利益のあるうち(1万1000円)に半分利確します。売却益は5万円で、税引き後4万円。その後、9000円で買い戻し(60株)、1万2000円まで回復したところで利確。すると、最終的に28万4800円の利益となります。ガチホに比べて+12万4800円。②と比べると、石橋を渡る代金として、-8万3200円。

考察 〜暴落はバーゲンセール〜

正直意外な結果でした。結構遅めの損切りで売ってしまったとしても、そこでくじけることなく、さらに安値で買い戻すことができれば、最終的な成績はガチホよりも良くなる事に驚かされました。「暴落はバーゲンセール」と言われる所以ですね。

もちろん未来は見えないので、どこまで暴落が続くのか、そしてその後、どこまで値を戻すかは分かりません。しかし、米国株に挑戦するのは「長期的に見れば右肩上がり」を信じているからのはず。

企業の財務自体に問題はなく、市場全体の暴落での連れ安だと判断した場合は、損切りしてでも買い戻した方が、最終的には見返りが大きくなります。その際、なによりも重要となるのが株数。暴落局面で元の株数よりも多く仕込めるのであれば、上昇局面での回復が早くなり、ガチホ勢をアウトパフォームすることができます。もう、狼狽売りだなんて言わせない。

考察 〜最悪なのは暴落で心が折れること〜

最も悪いムーブは、持っていた銘柄を損切りで手放した上に、日々の暴落で心が折れてしまい、何も買わずにただ市場が回復するのを待ってしまうこと。これだと、損失を確定させた上にバーゲンセールも活かせないことになってしまいます。この時の損切りは「狼狽売り」と言われても仕方ないでしょう。

最後に

現実の相場はシミュレーションほど綺麗な波ではないですし、上がったと思えば叩き落とされることもしばしばです。なのでそんなに上手くはいかない事は重々承知の上で、例えば今回の場合……

全面安に入った段階(2/19頃)から、狼狽売りという言葉には耳を傾けずポジションを徐々に解消し、大底は分からないものの、1週間ほど様子を見て、下げの勢いも収まりそうな2/26頃から段階的に買い戻していく戦法(上で言うケース⑥のようなムーブ)が良いのかなー、などと考えました。まだまだ下がってってるけど…😥😥

何か考えるきっかけとなれば幸いです。計算間違いや疑問点などございましたら、ご連絡くださいませ。

この続きをみるには

この続き: 0文字

ガチホ戦略は絶対的正義なのか〜狼狽売りの真実〜

ろみ@米国株投資

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
今日も上げ相場!
31
医療従事者向けwebサイト記者/編集者。京大院卒(薬)。主に米国株投資エッセイやヘルステック解説などを書き記していきます。