南へ急ごう(on the atrantica)

地球が唐突にバグったのか、ファンタジーが侵攻してきた。
 なぜこうなったのかは誰にも分からない。各国軍は奮闘してはいるがどうにもこうにも膠着状態っていうわけよ。
 もうこうなると、新聞もテレビもネットも役立たずになり下がり、俺の商売も上がったりだ。三文記事を送る場所が見当たらないのだ。
 風の噂では俺の住む街にもファンタジー軍がもうじき攻めてくるらしい。ファンタジー軍が攻め込んだ街は略奪の嵐が吹き荒れて、ぺんぺん草一つ残さないと言われている。ヤバいぜ!

「市長、俺たちも早く逃げましょうよ」
「逃げると言ってもどこに逃げるんだよ」と市長は苦笑いをする。市長はあだ名で別に市長ではない。ただのライター仲間だ
「いずれファンタジー軍にとっ捕まえられるのがオチだぞ」
「じゃああいつらが手の届かないぐらい遠くに逃げればいいんじゃないですかねぇ、例えば南極とか」
「南極って簡単に行ける場所ではないだろう? 少しは地に足をついた考えをしろよ、バカ!」
「とりあえず南方に行きたいです」
 そんなことを言ってもしょうがないので俺と市長は持ち出せる物を持ち出してミニバンに向かってひたすら南の方向へ逃げ出すことを決定した。

【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
トレンドパワーがここに溜まってきただろう?
2
忍者とか変身ヒロインとか日常系アニメやNLBLGLなどが好き  UNIXシーライフの保全運動に協賛しています。プロフィール画像はiccon monoを使用しています http://pixiv.me/ueda_h

こちらでもピックアップされています

逆噴射小説大賞2019:エントリー作品
逆噴射小説大賞2019:エントリー作品
  • 626本

小説の冒頭800文字でCORONAを勝ち取れ。ダイハードテイルズが主催するパルプ小説の祭典、「逆噴射小説大賞2019」のエントリー作品収集マガジンです。だいたい1日1回のペースで収集しています。収集漏れを発見したらダイハードテイルズまで連絡してください。【募集要項はこちら】https://diehardtales.com/n/n94b50338466a 【応募タグ】#逆噴射小説大賞2019

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。