新進気鋭の歌手・Adoの魅力をひたすらに語ってみる。
見出し画像

新進気鋭の歌手・Adoの魅力をひたすらに語ってみる。


みなさん、この動画はご存じだろうか。

これは2020年の10月、メジャーデビューと同時に公開された「うっせぇわ」のMV。

そう、なんと言っても中毒性が高い。歌詞からもこの世の不満をすべて曝け出したようなエグさ…。この曲には、闇も感じるしどこか共感できるものもあって、とにかく かっけぇ のである。

そこで今回は、私を一瞬で虜にした「Ado」についての魅力をポイントに搾って紹介していこう。その前に、ざっくりとプロフィールから。

Adoとは一体何者?🤔

Ado(アド、2002年10月24日 - )は、日本の女性歌手である。株式会社クラウドナイン所属。

2019年12月23日に配信限定リリースされたくじらの楽曲「金木犀」に参加。


同年10月15日にユニバーサルミュージックよりメジャーデビューすることを発表し、同月23日にボカロPのsyudou書き下ろしの「うっせぇわ」を配信限定リリース。

自身のYouTubeチャンネルで公開された同作のミュージックビデオは、同年11月14日時点で総再生回数500万再生を達成した。また翌年1月23日時点で総再生回数4000万回を達成(更新時点ではなんと一億回突破したようだ)…と、かなり「うっせぇわ」が凄すぎるあまりそちらに注目されがちだが、実は筆者、「金木犀」で既にAdoに出会っていた(実際コメント欄でもそういったものが多かった)。気づいたのはうっせぇわを5周したあたり。この頃の歌声はクールで素っ気ないようなイメージが強く、でもどこか惹かれるような声質に、見事にハマった。特に間奏の声の伸び方が好み。

そして時はまた昨年10月に遡る。うっせぇわを初めて聞いたときのあの衝撃。脳にズンと直接響くような歌声にまた、「この方は…やばい」と直感的に感じてしまった。なぜなら、

18歳とは思えない圧倒的な歌唱力🎤

実は、先ほどのプロフィールに載せた通り、まだ18歳の高校生なのである(21年の春、無事に卒業したことをツイートしている)。実はメジャーデビュー前の16、7歳ごろから「歌ってみた」を投稿しており、そちらの歌声もかなり聴きがいがある。

【メルティランドナイトメア 2018.10/5投稿】16歳(当時)

結構歌うのが難しいサビの高音が、こんなに綺麗に出る人を初めて見たのが一番の衝撃。

【ハングリーニコル 2019.8/3投稿】17歳(当時)

なんと、cover動画なのに年齢制限がかかっている。どういうことなの… 一応制限がかかっている方はこちらから。やっぱり歌声に中毒性があるから制限かけたとしか思えない。

【ボッカデラベリタ 2020.6/2投稿】17歳(当時)

もう「MVの女の子が歌ってるみたい」というコメントを見かけてから、脳内再生されるときにどうしてもこっちになるくらいの表現力(語彙力はゴミ箱に捨てました)。開始2秒で引き込まれる。

こんな素晴らしい歌声だが、表向きは(本当に)普通の18歳なのだ。

素顔と歌声のギャップ(正直言ってここが一番好き)🤤

歌声が激しすぎるあまり(もちろんいい意味で)、素顔が逆に気になる…という人も多いだろう。とにかく、まずはこの動画からご覧いただきたい。

ツイキャスの切り抜き動画で、「金木犀」の歌声を披露している。



…いや、

歌声と地声のギャップすごすぎんか(あと独り言)。

というか、Adoに本格的にハマるのもこういう素顔があるからこそなのかもしれない。自分もこの動画を発見してから見事に沼にハマった。

うっせぇわのピアノアレンジを自分で視聴してただただAdoが悶えるという可愛すぎる動画。もう全部の言葉に「゛」付いてそう。一人ツッコミと発狂がいい具合に好き。

去年12月にリリースされた「レディメイド」の公開前に、インスタグラムに載せていたストーリーの切り抜き。声帯いくつもってるか問いただしたい。


妄想しちゃうのわかるな…😇


どういう気持ちで撮ってるんでしょうね

思わず赤面しちゃうよこんなの…ギャップがもう…

作詞・作曲者が豪華すぎる

意外と知られていないが、Adoの曲を作るにあたって欠かせないのが(どのアーティストでもそうだが)、歌詞。実はうっせぇわも、Ado本人が作詞したと思われがちだが、実は有名ボカロPであるsyudouさんなのだ。

とりあえずご本人様が書いた記事が一番わかりやすそうなので…知ってる人にしか分からない部分を話すと、2013年あたりからボーカロイドと用いて動画を投稿するようになり、これで人気が爆発した。けっこう歌詞のイメージから素が想像しにくいが、実はラジオもやっているので見てほしい(youtubeチャンネルから見られるのでぜひ)。かなり面白いしトークの盛り上がり方が好き。

2020年12月に公開された『レディメイド』の作詞作曲をされたのはすりぃさん。やっぱり代表的なものと言えばテレキャスタービーボーイだろう。

↑筆者がAdoの中で大好きな曲。「舌に乗˝った」っていう歌い方…🥰MVの子もゆらゆら動いたり、野球のモーションが入ったりと凝ってる。ラスサビ前で一瞬音が消えるところが一番好き(あとゲス顔)。

2021年のバレンタインに公開された『ギラギラ』の作詞作曲はてにをはさん。ヴィランが結構人気なイメージ。

分かる人にしか分からないとは思いますがサビのドラムでもうてにをはさん風味を感じる。美しく儚げなMVがおしゃれで考察のしがいあり…

筆者オススメの歌ってみた3選💎

Adoさんと恋愛裁判…?相性どうなの…?と思った人はぜひ聞いてほしい。めっちゃくちゃ、好き。ラスサビのがなりはクセになる。

こちらは柊キライさんのボカロver.と同時投稿された「ラブカ?」。病み具合と裏声を上手く使い分けているところがすごい。

スマホをぜひ縦画面にして見てほしい。「お前はアタシのモンだろ」っていう歌詞が思ったより同性にも刺さる。もう好き…ウッ…(気絶)


ざっくりとまとめてみると、

Adoの魅力は18歳(人生何週目)とは思えないほどの力強い歌声を持つシンガーで、でも素顔は可愛くて面白くて、曲によっては歌い方も化けるからめちゃくちゃカッコいいし、作詞作曲が実は気づかれないけれど有名なボカロPの方々だったりで豪華だけどこれ以上語りつくせないほど詰まってる

このほかにもたくさんの楽曲を歌っているので、あなたのオススメを見つけてみるのもアリだろう。



☟もっと聴きたくなった方はこちら☟

登録者数100万人突破したみたいです。すごすぎ…

【Twitter】 @ado1024imokenp 【Instagram】ado1024sweetpotet


「いもけんぴ」とか「スイートポテト」とか書いてるからお芋が好きなんでしょうか…だとしたらかわいい…🤤

ダウンロード/配信サービス一覧

LINE MUSIC

Spotify

Apple Music

Amazon Music

https://music.amazon.co.jp/artists/B003FZZRWI/ado

ここまでご覧いただき、本当にありがとうございました(※Adoさんは敬称略させて表記しました)。

いいことがありますように🤭