マガジンのカバー画像

新高値投資マガジン

主にインターネット業界の日本株米国株について、最新事例をもとに「新高値投資」について解説していくマガジンです。投資助言に関する情報提供はせず、ファクト整理や過去事例の解説がメイン… もっと読む
このマガジンを通して、読者の皆さんが「雰囲気ではなくロジックに基づいた」株式投資ができるようになり… もっと詳しく
¥3,000 / 月
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

新高値投資マガジン過去記事一覧(最終更新日:2020/10/18)

定期更新で、新高値投資マガジンの過去記事まとめを更新します。コーナーごとに見出しを整理します。 購読を検討している方はまずこちらを。 購入月以降の記事が読める仕様となっており、購入月前の記事は単品課金となります。例.2020年10月にマガジン購読開始すると、9月以前の記事は単品課金、10月以降はマガジン内で読める。 新高値投資の概念を端的に知りたい方はこちら。 また、投資初心者中級者にはオススメの書籍紹介をしています。こちらの記事はほぼ無料ですので、ご参考までに。

スキ
25

triplaが上場:初値は公募価格の2.02倍で時価総額85.5億、宿泊予約システムやAIチャットボットを提供

イレギュラーですが、上場承認時にスルーしたけど、気になったので後出しではありますが上場後に。上場日は11/25(金)で上場したばかりですが、予約システムやAIチャットボットなど宿泊施設DXのtriplaです。 記事の構成はいつもと少し異なります。 目論見書:こちら 会社HP:こちら 成長可能性説明資料:こちら 告知コーナー<単品課金の方、注目!梅木のクラウドソーシングが月額3,000円!> このnoteは単品でも1,500円で販売しますが、未上場企業の資金調達情報を月

スキ
2
有料
1,500

ELLEMENTSに上場承認:eKYC市場シェア1位のLiquidを提供。想定公募時価総額30億

今月11本目のIPO記事。上場後になりましたが、triplaも更新予定。 eKYCのLiquidを提供するELLEMENTSですが、ラストラウンドから想定公募株価0.11倍と、話題となっているnoteのダウンラウンドを超えてきました。 目論見書:こちら 会社HP:こちら 告知コーナー<単品課金の方、注目!梅木のクラウドソーシングが月額3,000円!> このnoteは単品でも1,500円で販売しますが、未上場企業の資金調達情報を月3-4本(毎週金曜夜更新予定)+IPO銘

スキ
5
有料
1,500

FOMC議事要旨で12月利上げは0.5%の可能性も:週間市場決算(2022/11/21週)

今週からW杯⚽️で世間の関心が株式市場から遠のいた気もしますw 日本株1.指数木曜の上昇はドイツ戦勝利のご祝儀相場とか言われていましたが、FOMC議事要旨の発表がややポジティブに捉えられただけという説が濃厚。 2.今週の気になるニュース予想に反して今週は大したIPO発表はなく。 IPO銘柄としては金曜に下げ止まりましたが、ベースフードがガンガン下げていきました。 本誌では承認時はスルーしたOTAのtriplaが金曜に上場し公募初値2倍つけています。今期ガイダンスが強気

スキ
1
有料
500

2022年11月までの国内テックIPO16社を振り返る:勝ち組は4社

2022年は米国利上げショックの影響でグロース市場は崩壊。その流れはIPO市場にも波及し、IPO件数が激減。IPO延期の噂も何社か聞きました。12月予定案件が急増し、本マガジンでも承認速報記事を多く出しました。 12月IPOを控え、2022年11月までのIPOはどうだったのか。ウメキワークスのIPOシートのデータを元に、振り返ります。 ちなみに2021年IPOも調べると 2021年は金融相場でバリュエーションがバブル的だったので、ボロボロなのは致し方ないにしても、202

スキ
5
有料
1,500

日本株決算シーズン終了、テック企業の決算はさほど悪くない:週間市場決算(2022/11/14週)

今週は火曜プレ発表のPPIが市場予想8.3%を下回り8.0%だったことが好感、インフレピークアウトを期待させた結果を受け、火曜は少し強含みましたが、それ以外の日は最近の中ではボラが低い方でした。 日本株1.指数ドル円は金曜19時時点ですが、先週の暴落付近で踏みとどまっていますね。 2.今週のIPOまず今週は1週間で8本のIPO分析記事を出しました。これは11月内か12月頭に再びまとめて整理する記事を出そうと思いますが、まだご覧になってない方は週末にゆっくりご覧ください。

スキ
3
有料
500

GENOVAに上場承認:想定公募時価総額298億、医療系メディア「Medical DOC」が主力で高い営業利益率が魅力

今週8本目のIPO記事。今週はこれで打ち止め。来週あと数件あるでしょうか。GENOVAという初耳な企業ですが、利益もきっちり出ていて想定公募時価総額298億とグロース市場の中では大型な部類。 目論見書:こちら 会社HP:こちら 告知コーナー<単品課金の方、注目!梅木のクラウドソーシングが月額3,000円!> このnoteは単品でも1,500円で販売しますが、未上場企業の資金調達情報を月3-4本(毎週金曜夜更新予定)+IPO銘柄分析記事+資本政策記事などをお届けする、月額

スキ
3
有料
1,500

ライブ配信「ふわっち」のJig.jpに上場承認:想定公募時価総額130億、直近では黒字転換済で2Q累計で4億の営業利益

IPOまだまだ続きます。以前からIPOの噂を耳にしていたふわっちのJig.jp(以下Jigと記載) 目論見書:こちら HP:こちら 告知コーナー<単品課金の方、注目!梅木のクラウドソーシングが月額3,000円!> このnoteは単品でも1,500円で販売しますが、未上場企業の資金調達情報を月3-4本(毎週金曜夜更新予定)+IPO銘柄分析記事+資本政策記事などをお届けする、月額マガジン「ウメキワークス」は3,000円です。 11月はIPO記事が豊作のため、なおさら単品課

スキ
1
有料
1,500

noteに上場承認:想定公募時価総額44.4億、シリーズFから0.15倍の株価だが、不当に安い想定価格

noteでnoteの上場承認記事を書く日が来ました!感慨深い。おめでとうございますと言いたいところですが、ダウンラウンドぶりがえげつないレベルです。公募条件に対しては、おめでとうとは全く言えないレベルで、見間違えたかと思いました。冷静に読み込んでいきたいと思います。 目論見書:こちら 告知コーナー<単品課金の方、注目!梅木のクラウドソーシングが月額3,000円!> このnoteは単品でも1,500円で販売しますが、未上場企業の資金調達情報を月3-4本(毎週金曜夜更新予定

スキ
11
有料
1,500

INFORICHに上場承認:スマホ充電ChargeSPOTを運営、想定公募時価総額81.2億、FY22予想売上成長率136%

スマホ充電のChargeSpotを運営するINFORICHに上場承認。 かなり面白い案件です。事業内容は面白いのですが、バリュエーション的に公募で全く評価されていない。私も旅先で利用したことあります。年に2,3回のライトユーザーであり、極力荷物を持ちたくない私にとっては、ありがたい存在です。ユーザーとして支持します。セカンダリー投資でも旨味がある可能性は十分あります。 目論見書:こちら HP:こちら 告知コーナー<単品課金の方、注目!梅木のクラウドソーシングが月額3,0

スキ
4
有料
1,500

monoAI technologyに上場承認:想定公募時価総額62.5億、XR CLOUDというメタバースPFをOEM提供

馴染みのない企業ですが、一応テックということでサクッと拾います。以下略称でmonoAIと記載。XR事業がメイン。 目論見書:こちら HP:こちら 告知コーナー<単品課金の方、注目!梅木のクラウドソーシングが月額3,000円!> このnoteは単品でも1,500円で販売しますが、未上場企業の資金調達情報を月3-4本(毎週金曜夜更新予定)+IPO銘柄分析記事+資本政策記事などをお届けする、月額マガジン「ウメキワークス」は3,000円です。 <マガジン読者特典:Google

スキ
1
有料
1,500

AnyMindに再度上場承認:インフルエンサーマーケティング主力で想定公募時価総額552億、3月承認時から株価15%下落

昨日のトリドリに続いてインフルエンサーマーケ系。 2022年3月に承認され、自ら取り消したAnyMindがリベンジです。3月の取り消しは市況悪化によるものと推察される。 3月承認時から想定価格は1,150円→970円で15.7%のディスカウントとなった。 目論見書:AnyMind HP:こちら 前回承認時の記事も貼っておくが、前回の記事は全く見ずに書いてみる。書き終わったら読み返そう。 告知コーナー<単品課金の方、注目!梅木のクラウドソーシングが月額3,000円!>

スキ
2
有料
1,500

トリドリに上場承認:インフルエンサーマーケティングプラットフォームのtoridori baseが主力、想定公募時価総額45.5億

2022/11/15 11時追記)2-2.に制度ロックアップを追記 本日のIPO記事2本目、サクッと。 参考:トリドリの目論見書 会社HP:こちら 告知コーナー<単品課金の方、注目!梅木のクラウドソーシングが月額3,000円!> このnoteは単品でも1,500円で販売しますが、未上場企業の資金調達情報を月3-4本(毎週金曜夜更新予定)+IPO銘柄分析記事+資本政策記事などをお届けする、月額マガジン「ウメキワークス」は3,000円です。 <マガジン読者特典:Goog

スキ
4
有料
1,500

オープンワークに上場承認:企業口コミサイト運営、想定公募時価総額150億

今週はIPO承認が多そうですね。11月はマガジンにIPO記事が増えているので、マガジン購読がお得です。 参考:オープンワークの目論見書 会社HP:こちら 告知コーナー<単品課金の方、注目!梅木のクラウドソーシングが月額3,000円!> このnoteは単品でも1,500円で販売しますが、未上場企業の資金調達情報を月3-4本(毎週金曜夜更新予定)+IPO銘柄分析記事+資本政策記事などをお届けする、月額マガジン「ウメキワークス」は3,000円です。 <マガジン読者特典:Go

スキ
5
有料
1,500