見出し画像

素敵だね。

ヨーヨー、もうすぐ3歳。もうすぐお兄ちゃんに昇格。話し始めは比較的遅かったけれども、このところの上達のスピードには目をみはるものがある。

保育園では、先生に「ママのお腹の中には、ちいさい赤ちゃんがいるんだよ」と説明したらしい。折に触れては「赤ちゃんが生まれる時、しばらくママは入院して会えなくなるけど、その間泣かないでパパとがんばってね」「赤ちゃんが生まれてきたら、一緒にかわいがろうね」と話しているのがちゃんと伝わっているんだな。

電車と線路のおもちゃで遊ぶ時には、大好きな絵本「いたずらきかんしゃちゅうちゅう」(白黒だけど、絵柄がダイナミックでストーリーはシンプル。おすすめです)のシナリオをなぞりながら「駅」でカンカン!カンカン!と鐘を鳴らしました、とか、「はねばし」で炭水車がおっこちてしまいました、とか、「森」ですわりこんでしまいました、とか、声に出して状況説明しながらひとりで遊んでいる。

歌も大好き。「働く車」の歌をアレンジして、自分のトミカコレクションをうごかしながら「いっぱいどんぐり運ぶよパンダトラック〜!」(引越しのサカイのトミカに、秋のうちに拾ってきたどんぐりをつめこんでるのだ)とか歌ったり。商店街で鯉のぼりをみつけて「鯉のぼり」の歌を大声で熱唱して、通りすがりのおばあさんに褒められたり。

でも、最近のママン的ストライクはなんといっても、突然、大真面目な顔で言われた「ママ、茶色のお服、すてきだね。」の一言。濁りのない目で、わたしの目をまっすぐ見つめながら。どこでそんなモテ技を覚えたのだ。惚れてしまうやろー!褒めてくれたのはヨレヨレのパジャマだったけどさ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
健康Tips:スプーンの柄で頭皮マッサージで頭スッキリ!
12
見て・触って・聴いて・味わって、そして書く

こちらでもピックアップされています

子育て
子育て
  • 186本

書き始めた時は2歳だったヨーヨーは6歳になり、妹のあーちゃんは3歳になりました。