ウジエスーパー人事•広報担当
採用サイト開設!「人」を知れば、「ウジエの想い」が分かる!
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

採用サイト開設!「人」を知れば、「ウジエの想い」が分かる!

ウジエスーパー人事•広報担当

このたび、ウジエスーパーの採用サイトを開設しました!ウジエで働くスタッフのインタビュー記事を随時アップしていきますので、楽しみにしていてくださいね。

食を通じて地域のためになることを-----
ウジエスーパーは宮城県内に32店舗を展開する、地域密着型のスーパーマーケット。日常の食卓を支える存在ですから、昔から大切にしてきたのは「人が生活している場所にお店を出す」こと。そのため宮城県の中心部である仙台市内はもちろん、県南・県北の郊外エリアにも多くの店舗を展開しています。

「地域の方々に喜んでいただきたい」「食で地域を元気にしたい」これは、ウジエの全スタッフに共通する想い。地域のため、お客様のため、がウジエの原動力です。東日本大震災では迷わず全スタッフが団結し、「食」というライフラインを守るため奔走し、「ウジエがあってよかった」とホッとした笑顔を見せるお客様を見て、私たちも“食を通して社会貢献する”ということの意義を深く胸に刻みました。

「地域」というのはお客様だけを指すのではありません。愛情込めて育てた野菜をウジエに卸してくれる地元の農家さん、同じ地域で商売を営む企業や店舗、その土地の風土、すべてが地域というコミュニティーを形成する大切な存在。近年注目を集めているUカフェも、そんな大切な存在を守りたい一心で生まれた取り組みです。


ウジエスーパー吉岡店内にオープンしたUカフェは、新鮮な果物を贅沢に使ったスムージーを楽しめるカフェ。開店のキッカケは、新型コロナウイルスの流行。コロナ禍によって果物の売上が低迷し、傷ひとつない果物が廃棄されてしまうことが重なったのです。私たちが大切にしてきた地元農家さんの危機。「何か力になりたい」と、本部のYさんが主体となって試行錯誤し、行きついたのが果物を使った商品づくりでした。インパクト大のビジュアルも相まって、現在Uカフェはメディアにも引っ張りだこの人気店に成長しています!

人を知ることがウジエを知る近道-----
新しい取り組みの発端になっているのは、いつだって地域のためを本気で考えているスタッフ一人ひとりの想い。だからこそ、ウジエで働くスタッフの想い・仕事を知ることがウジエを知るための一番の近道だと考えています。ウジエで働く人たちが、日頃どんなことを想い、どんな面白い仕事をしているのか、知っていただくことがウジエを理解していただけたら嬉しいです。