【解説/コンセンサスアルゴリズム】ブロックチェーンを実現した超技術、コンセンサスアルゴリズムとは?【Tzedakah徹底サポート】

暗号通貨最新情報局

こんにちは。Tzedakahサポート(非公式)です。

今回は以前紹介したブロックチェーンの記事にも出てきていた、コンセンサスアルゴリズムについての記事です。

今やNFTや仮想通貨など、新技術には欠かせないといっても良いほど利用されているこのブロックチェーンですが、それを実現している技術の1つがこのコンセンサスアルゴリズムです。

これについて知ることで、より深くブロックチェーンについての理解を深めることができるでしょう。

以前の記事でも軽く解説していますが、今回は深ぼって詳しく解説していきます。

コンセンサスアルゴリズムとは

コンセンサスアルゴリズムとは、日本語で言うと「合意方法」となり、ブロックチェーンではブロックを作るとこや接続することを全員で確認し認証する、データの整合性を保つことを指します。

ブロックチェーンでは、参加者全員が同じデータを所持していますが、そのデータが正しいものかを確認すること。これがコンセンサスアルゴリズムです。

コンセンサスアルゴリズムにはいくつか種類があり、仮想通貨などの種類によって違った方式が利用されています。


コンセンサスアルゴリズムの種類

PoW(Proof of Work)
PoWは、以前にも詳しく開設しましたが、ブロックの生成をマイニングによって膨大な計算で維持する方式です。

PoS(Proof of Stake)
PoSも以前の記事で詳しく解説しましたが、通過の保有量が多い人がブロックを生成する権利を獲得し、生成していく方式です。

PoI(Proof of Importance)
PoIは、PoSが通貨の量だけを指標にしていたのに対し、取引量や取引回数なども通貨の寮に追加して指標として、重要度から権利者を決めるという方式です。

PoC(Proof of Consensus)
上記のコンセンサスアルゴリズムは一般の人でも条件を満たせば誰でも参加できるというものでしたが、このPoCでは最初からバリデーターと呼ばれる承認作業を行う人が存在しており、その人たちだけで承認を行います。

DPoS(Delicate Proof of Stake)
DPoSは既存のPoSをさらに進化させたもので、LSKという仮想通過に利用されています。
通貨の量だけでシンプルに選ばれるPoSとは違い、DPoSはさらに参加者の投票で承認を行います。
(持っている通貨の多い参加者ほど1票の価値が上がります)


Tzedakahサポート(非公式)とは?

TzedakahサポートではTzedakahに関する質問を公式LINEまたはGmailで募集しています。

フォローで質問の回答などの新たな記事を見逃さずに読めるようになります。

公式LINE

Gmailでも質問を受け付けています。
tzedakahinformal@gmail.com


まとめ

今回はブロックチェーンで利用されている技術、コンセンサスアルゴリズムについて解説しました。以前にもPoSとPoWについて、またそのデメリットやメリットに着いて開設しましたが、さらにそれらが進化したものも出て来ていますね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!