Sexy Zone 6th ALBUM「PAGES」感想

Sexy Zoneの6th ALBUM『PAGES』が発売されて早2週間。
コンサートでパフォーマンスを見てイメージが固まってしまう前に感じたことをそのまま記録します!

【01】La Sexy Woman

作詞:HOSAKI 作曲:Janne Hyoty/Francnote/Funk Uchino 編曲:石塚知生

とにかくイントロがレトロでかっこいい。
イントロばかり何回も繰り返して聞いてしまう。
Aメロの勝利パートは情景がパッと浮かぶくらい雰囲気ある!
「ドキッとするから」とか特に上手いなと思う。
1番と2番でしょりまりはそのままなのに、ふまけんのパートが入れ替わってるの面白くて気に入っています。
同じメロディーで同じような言葉運びなのに全然ちがってる。
最初はこれがリード曲なんだ?と思ったけど一周してこの曲に戻ってくると、しっくりきた。
最近のセクゾっぽい曲なんだろなと思う。

【02】恋がはじまるよーー!!!

作詞:三浦徳子 作曲:MUTEKI DEAD SNAKE 編曲:PRIMAGIC

女の子になって歌を歌ってくれてありがとう。
ギターがめっちゃ攻めててすごくかっこいい。
超キャッチーでポップだけどレトロなところが好きです。
曲だけじゃなくて、歌詞のポップさも半端ない。
超リアルな「あるある」が、はちゃめちゃポップに表現されてる。
みんな大好き三浦徳子先生本当に凄い!大好き!
友達ののろけで一喜一憂したり、2番目の彼にすぐ決定しちゃう調子の良さがいい。
家族に愛されて育った優しい女の子がベットの上でワーワーキャーキャーやってる映像が頭のなかで流れる。
この曲はキラッキラの中島健人がいてこそのSexyZoneの曲なんじゃないかと思う。コンサートの演出楽しみだな~!
スポットライト浴びなくちゃ意味がないってSexyZoneが歌うのアツい!そうだよ!彼らはとっても高貴な存在なのでバンバンスポットライト当ててほしい。

ラジオで初めて聞いたとき「泡沫サタデーナイト」を思い出しました。

【03】すっぴんKISS

作詞:Kanata Okajima / KOUDAI IWATSUBO 作曲:Simon Janlov/KOUDAI IWATSUBO 編曲:CHOKKAKU

シングルってどうしてもアルバムに入れないといけないから扱いに困ったりするけど、めっちゃつながりがいい。
らせくしーも恋が始まるよも生音の曲でギターかっこよかったから、すっぴんのカッティングも浮かない!
このアルバムの雰囲気に本当にあっててすごい、やっぱりかなり良い歌だし、そうちゃんの声が聞こえて嬉しくなる。

【04】CRY

作詞:Ms.Mimosa 作曲:福岡良太 編曲:河合英嗣

中島健人さんと佐藤勝利さんが上手い歌だなと思った。上手いというのは技術とかではなく。
健人と勝利の歌い方、歌声って、とても強い感じがするなと思っていて、それは2人の潔癖で正義感の強い感じが歌にも出てるんだろうと思う。
この歌は、マリウスと菊池くんだとちょっと優しすぎる。
暗くて冷たくて寂しい歌だけど、すごく強い歌だなとも思って、聡ちゃんみたいだなと思って泣けてきて、ちょっと泣いた。
Cryが2番ではFryになるとこ、最後はTryにもなるとこに強さを感じる。
このアルバムで一番好きかもしれない。

【05】make me bright

作詞・作曲:iri 編曲:ESME MORI

わかってたけど、菊池風磨がすごいね!
ヒップホップだけどチルな感じもあるしシティーでもあり、なんて表現すれば良いか私はちょっと詳しくないのでわからないんですけど、この曲めっちゃクオリティが高い!!!
らじらーで聞いた時は「iri feat. 菊池風磨やん!SexyZoneのアルバムの私物化や!」と思って落ち込んだりしてたけど、菊池くんの声、歌い方、雰囲気、全てが曲にあってて、すごく魅力的な曲でぐだぐだ言ってたの忘れた。
CRYとは逆に、菊池くんとマリちゃんはすごく柔らかい感じがするので、この曲にあってるなーって思う。
意外だったのはケンティくんもめっちゃこの曲の雰囲気にあってること!
柔らかくはないけど繊細な感じがでて良い。
風磨とは違うリズムでAメロを歌った後、おんなじメロディーでおんなじ歌詞を歌うのすごく好き。
それでいて全然雰囲気がちがうの、ふまけんですね。
リリックの心地よさすごい、流石iriちゃん。サビの歌詞かっこよくて好きだな。

【06】イノセントデイズ

作詞:Ms.Mimosa 作曲:Ms.Mimosa / Francnote / TAK 編曲:石塚知生

メイブラからのイノデの繋がりがめっちゃ良い。
iriは逗子出身だし、イノデも逗子だね。
改めて聞くとこれも本当にいい歌だし、SexyZoneの本格バラードのシングルだったから、もっと沢山の人に聞いてもらいたかったな。
切ないような悲しいような曲だけど、本当は希望にあふれた未来を頑張る歌だし、すっごく優しい。
人間味がある歌詞が疲れた社会人全員に効く。
というか、2018年前半の「人生で一番仕事がつらくて一人で葉山に傷心旅行に行った事」が思い出されるので、余計に効く。

【07】Don’t run away

作詞:zopp 作曲:Sebastian Berglund / KOUDAI IWATSUBO 編曲:鈴木Daichi秀行

zoopさんの曲歌うの久しぶりだね!
zoopさんの曲大好きなので嬉しい~
(ヤーの愛しのプレイガールとか、キスマイのS.O.KISSとか、NEWSのSUMMER TIMEとかね!)
周りの顔色なんか無視して自分らしく行こ!ってのは、自分にとっては難しいことだなあと思うんだけど、セクゾちゃん達には是非この曲みたいにガンガン突っ走ってほしいよ!

【08】My sweet heart My sweet love

作詞:EMI K. Lynn 作曲:Susumu Kawaguchi / Samuel Waermo / 坂室賢一 編曲:坂室賢一

まさかのウエディングソング。
すっごくキュートなのにさらっとしてて、すごくいいんだよなぁ。
永遠を誓ったりしてるのに、背伸びしてる感じもなくて恥ずかしくもない曲です。
わくわくして明るい曲!
外国のハイスクールミュージカルみたいなイメージ。突然廊下で男女が手を繋いで踊り始める、みたいな。
気づいたらサビを口ずさんでしまう。

【09】チクチクハート〜beating beating〜

作詞:タナカヒロキ(LEGO BIG MORL) 作曲:MiNE / Atsushi Shimada / Fredrik Samsson 編曲:生田真心

チクチクハートは思ってたのと違ったけど、結構、かなり、すきだったので結果オーライ。
(どうしてもチェッカーズみたいな楽曲を期待してしまったよね…。)
ふまけんのサビのファルセット(「暖まった」とか「輝くんだ」のところ)が大好きな人多いと思うんですけど、本当にいい。
落ち着いてて切ないメロディーだったりするけど、歌詞がポップて好きだな。
作詞はLEGOのヒロキくん、セクゾにとっては三曲目!
歌詞が高校生でめっちゃかわいくてびっくりするし、それを歌いこなすセクゾもセクゾですね。
LEGO BIG MORLの曲にかわいいイメージは無かったので、提供してもらう度、毎回驚きがすごい!
「秘密のシェア(SexyZone)」と「終電を超えて(A.B.C-Z)」もラブソングだったけど、この曲はまたかわいさの次元が違う。
チクチクハートの歌詞が気に入った方は、A.B.C-Zの「いいね!」の歌詞も気に入ると思うんだけどな、おすすめです。

【10】青い恋人

作詞・作曲:鈴木健太朗 編曲:sugarbeans

良くも悪くも普通。
聴きやすいんだけど。
まだこの曲の良さを理解できてないのでコンサートに期待!

【11】Hands up!

作詞:白井裕紀. / 新美香 作曲:SiZK / Stephen McNair 編曲:tasuku

タオル回しそう。
意外とここまで盛り上げることに特化した曲なかったかも。
最初はありきたりな歌詞でとにかく盛り上げる曲かと思ったけど、聞けば聞くほどこの曲のカッコよさに気付いて、大好きになった。
なんといっても勝利の「here we go」がクールすぎで最高。
ケンティくんの「俺ら準備OK」もSexyZone~~!!!!!となる

【12】カラクリだらけのテンダネス

作詞:EMI K. Lynn 作曲:原一博 編曲:船山基紀

原さんの曲はどれもこれも好きなので、めっちゃうれしい!
しかも編曲は船山先生だからね!セクゾの船山先生曲はぜんっぶかっこいい!!!
久しぶりに大好きなSexyZoneに会えて本当にうれしかった。
今のおしゃれなセクゾももちろんいいんだけど、とんちきとか昭和歌謡を匂わせるセクゾがやっぱり好き。
この曲はいろんな人にいいねって言ってもらえた曲だし、ずっと歌ってほしい。
聡ちゃんのパフォーマンスがバチバチにかっこいいから、みんなに見せたい。

【13】ゼンゼンカンケイナイ

作詞:草川瞬 作曲:Susumu Kawaguchi / 草川瞬 / 佐原康太 編曲:ha-j / 佐原康太

バンドで言うと「ワンマンは行かないけど対バンで見れたらラッキー」「自分の行くフェスに来るなら絶対見る」タイプのバンドの一番盛り上げれる曲。

【14】Wonder Love

作詞:Kanata Okajima 作曲:Carlos Okabe / HOMEY / Francnote / TAK 編曲:ポチ

おしゃれでセクシーなわりに、しつこくない。これもさらっとした曲だ。
アルバムの雰囲気もあると思うけど、今回のラブソングはどれもききやすくていいな。
「仲間に見られたらヤバいよ…」という歌詞がお気に入り。

【15】君がいた夏に…

作詞:RYOJI 作曲:RYOJI / 巴川貴裕 編曲:Integral Clover

ケツメの曲だから夏の思い出とかお二人Summerみたいな曲を期待してたけど、めっちゃ切ないやん!
タイトルに三点リーダーついてるもんね、そりゃ切ないよね。
切ない夏といえば菊池風磨だろ、コンサートの演出楽しみだな。

【16】いつまでもいつまでも

作詞:ケリー 作曲:Erik Lidbom/KOUDAI IWATSUBO 編曲:CHOKKAKU

どうしても歌詞に5人を重ねてしまって、気持ち悪くなりそうなのであんまり書けません。
特に2番、あて書きなんじゃないかと思ってしまうなぁ~。

まとめ
クオリティが高くていろんな友達におススメできるな!と思う反面、ジャニヲタうけは悪いかも?と思ったり。
リぺの時もそうだったんですけど、コンサートに入るとまた印象が変わるので、それまで少しづつ聞きこんでいこうと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

sexy thank you♡
1
ジャニーズ事務所と好きなバンド