TV Bros. ( テレビブロス )
今年もさらに高みを目指す最高の女たち!【2022年1月 フィロソフィーのダンス「偏愛記」】
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

今年もさらに高みを目指す最高の女たち!【2022年1月 フィロソフィーのダンス「偏愛記」】

TV Bros. ( テレビブロス )

フィロソフィーのダンスによる連載「偏愛記」。2021年は、メンバーが偏愛するジャンルの、その道のスペシャリストと対談をしてきました。2022年一発目となる今回は、昨年に引き続き、メンバーによる1年間の振り返りインタビューをお届け! コロナ禍のなかでメジャーデビューを果たし、新しい環境に身を投じた4人が、感じたこと、考えたことを率直な言葉で話してくれました。

画像1

取材&文/南波一海 撮影/飯田エリカ

●2021年は色んなことがありすぎてほぼ記憶にありません(笑)!


――今回は新年一発目ということで、まずは2021年の振り返りができればと思っています。なかなか動けなかった2020年と比べると、シングルを3枚リリースしたり、有観客でツアーができたりとと、トピックはたくさんありました。

十束おとは 去年に比べるととても振り返りやすいです(笑)。

日向ハル アニメのエンディング(「ダブル・スタンダード」がTVアニメ『魔法科高校の優等生』のEDテーマに起用)と映画の主題歌(「サンフラワー」がオリジナルアニメ映画『フラ・フラダンス』の主題歌に起用)という大きなトピックがあって、どちらも私たちにとっては初めての経験でした。アニメのイベントに出させていただいたり、映画の舞台挨拶に出させていただいたり、いままでしたことのない活動ができた1年だったなと思います。

奥津マリリ 「カップラーメン・プログラム」が去年の最初のリリースだったと思うと、もうめっちゃ昔のことみたいな感じ。まだライブもそんなにしてなくて、5月くらいにやっと有観客でやり始めて……みたいな。もうあんまり覚えてないよね?

佐藤まりあ あれ? BRADIOさんとのツーマンは2月だよね(※2021年2月11日に豊洲PITで開催された「LIVE IGNITION」)。

奥津 2月か! 全然5月じゃなかった!

佐藤 もう時系列がめちゃくちゃ(笑)。「Cup Ramen Night」は4月?

日向 リリースのタイミングじゃない?(※5月1日に無観客配信ライブ「Cup Ramen Night」を開催)

――全員の記憶がぼんやりしているのがすごい(笑)。そのくらいたくさん詰まっていたんですね。

奥津 1年中なにかしらやってました。

日向 ネットサイン会とかオンライン特典会も1年中やってたイメージがあります(笑)。

――そんなふうに忙しくしていたなかで、全員がソロ曲をリリースしたのも印象的でした。

十束 あ! それもありましたね。本当に色々あったなぁ。

佐藤 はすぴょん(十束)のソロ曲はすごい早くから準備してた印象がある。

十束 お願いしたいかた(清竜人)が決まっていたので、とりあえず引き受けていただけるかだけでも聞いてもらおうと思って、早い段階で動いてました。

――2021年は全員がソロを出すというのは前から決まっていたんですか?

日向 計画的なものじゃなくて、流れだよね?

十束 そうそう。ハルちゃんが出してくれたから、そのノリで。

日向 私もそうで、マリリが出したから、3~4年ぶりに私もやってみたいな、くらいの感じで。うちらってソロ曲を出す子がいない年もあれば、ひとりだけだったりの年もあるんですけど、今年はたまたま揃ったくらいの感じです。

奥津 私は別にいいやって子がいてもいいしね。

佐藤 私は、はすぴょんの影響が大きかったかも。

――そこは自由なんですね。

十束 そうなんですよ。でも、ハルちゃんが出したからには、ファンの人たちも推しのソロ曲が聴きたいって思うじゃないですか。だから私もやりたいなと思って。結果的にそれぞれがやりたいことを詰め込んだ4曲ができあがったという。

画像2

――スタッフ陣が柔軟なんだなと感じました。

十束 いい職場だ(笑)。やらされてる感もなく、楽しんでやれたのはよかった……けど、色んなことがありすぎたのでもう記憶がない。

●それぞれの2021年を振り返っていたはずがいつの間にか反省会に!?


――(笑)。単に1年間で起こった出来事を振り返っていくと年表みたいになってしまうので、みなさんの個人的な2021年の印象をうかがっていいですか? まずは佐藤さんからうかがえればと。

この続きをみるには

この続き: 6,132文字 / 画像7枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
「TV Bros. note版」は、月額500円で最新のコンテンツ読み放題。さらに2020年5月以降の過去記事もアーカイブ配信中(※一部記事はアーカイブされない可能性があります)。独自の視点でとらえる特集はもちろん、本誌でおなじみの豪華連載陣のコラムに、テレビ・ラジオ・映画・音楽・アニメ・コミック・書籍……有名無名にかかわらず、数あるカルチャーを勝手な切り口でご紹介!

TV Bros.note版

500円/月 初月無料

新規登録で初月無料!(キャリア決済を除く)】 テレビ雑誌「TV Bros.」の豪華連載陣によるコラムや様々な特集、テレビ、音楽、映画のレビ…

TV Bros.note版では毎月40以上のコラム、レビューを更新中!入会初月は無料です。(※キャリア決済は除く)

TV Bros. ( テレビブロス )
【新規登録で初月無料!(キャリア決済を除く)】 テレビ雑誌「TV Bros.」の豪華連載陣によるコラムや様々な特集、過去配信記事のアーカイブ(※一部記事はアーカイブされない可能性があります)などが月額500円でお楽しみいただけるデジタル定期購読サービスです。