マガジン

  • ささッとスクロールして「見て」楽しめる記事

    画像がメインの記事なので、文章を読まずに、サクサクスクロールして「見て」楽しめる新感覚の記事。Google chromeで開くと、画像が表示されないことがあるので、他のウェブブラウザで見るのがお勧めです。文章も、リサーチを重ねて誠心誠意書いているので、余力があれば、ぜひ見ていて下さい。雑誌感覚でライトに楽しんでもらいたい記事😉

  • クリエイター側の人に読んでもらいたい記事

    ファッションラバーは大きく2種類に分けられる。ファッションの1️⃣「消費者」と2️⃣「作り手(担い手)」。このマガジンは、トレンドメーカーでもある、ファッションの2️⃣「作り手(担い手)」側の人間に読んでいただきたい、主にファッションの未来に言及した少しハイレベルな記事を集めました。

  • ファッション小話

    ファッションが大好きな方のための、 ファッション好きによる、 ファッションのちょこっと話し。

  • AIとファッション

    AIとファッションをテーマにした記事をまとめました。

  • 日本のお宝再発掘〜ビジネスのヒントになるかもしれない日本文化

    円安、国力の低下など、ちょっぴり不安な日本の将来。でも、「コンテンツ産業」が日本の未来を明るく照らしてくれるかもしれない。日本のお役所、あの、経済産業省でさえもが、日本のコンテンツを力に変えようとしている。 たくさんのビジネスチャンスがゴロゴロしている、未だ未開発のダイヤの原石である、海外で賞賛される日本のコンテンツを探してみた。

最近の記事

2023年、注目のアジアブランド7選!Forbesが選んだアジア系デザイナーのプレタポルテ〜未来のファッション業界に物申す若手デザイナー達〜

今回はアジアルーツのReady-to-wear系ブランド7つに注目します。 経済誌Forbesの「30 Under 30 Asia(2023年版)」に選ばれたアジア系プレタポルテ専門のファッションデザイナーは7人。 その中の3人はインド系のデザイナー(!)で、エスニックな伝統技術ををモダンに昇華させたインド発のファッションブランドは近年の注目株です。 審査員の好みも多少はあるでしょうが、デザインだけでなく、「ビジネスモデル」の観点からも評価された彼らのスタイルにはファッシ

    • 暗黙のドレスコード〜ついに公開!!映画『バービー』に何着ていく??アイデア7選〜

      全世界で話題の映画『Barbie』が、日本でも2023年8月11日に公開されましたね。 良くも悪くも(政治的な意味合いでも)、上映前から話題をさらっていた映画バービーですが、全世界で「暗黙のドレスコード」が生まれています。 映画館へ足を運ぶと、バービーを見に来た大半の人がピンクを着ていて、街中でも世界的にピンク着用率が急増しています。 かくいう筆者も、7月31日に友人5人とドイツの映画館でバービーを観る約束をしたのですが、ドレスコードを決めていないにも関わらず(!!)全員が

      • これからのファッション業界を担う若手デザイナー5選〜オートクチュールからハイエンドブランドまで〜

        世界的経済誌『Forbes』が毎年発表する、「世界を変える30歳以下の30人(Forbes 30 under 30)」。 大きな市場規模を持つファッション業界からも毎年、特筆すべきファッションデザイナーが選出されますが、2023年のアジア版、ヨーロッパ版だけに絞ってもその数、23人!! デザインそのものだけでなく、収益性や将来的な伸び代、社会的影響力などビジネスの観点も十分に考慮して選ばれた、ファッションとは一体どんなものなのでしょう?!彼らの作品を一気見する連載を4回に渡っ

        • Y3KファッションをAIと描く〜Y2Kの次はY3K?!ネクストトレンドに注目〜

          Y2Kファッションの流行が続いていますが、常に一歩先を行きたいファッションラバーの中では、既に「Y3K」が注目を集めていることをご存知でしょうか? Y2Kトレンド自体は、2020年頃から20年ぶりに再流行し、現在もメイントレンドの1つとして重視されていますね。 Y2Kファッションの爆発的な流行を横目に、差をつけたいファッションラバーはY2Kに新しい要素を加えた、一味違う「Y3K」ファッションを楽しんでいる様子。 "Y3K"は、"Year 3000"(西暦3000年)の略称で

        2023年、注目のアジアブランド7選!Forbesが選んだアジア系デザイナーのプレタポルテ〜未来のファッション業界に物申す若手デザイナー達〜

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • ささッとスクロールして「見て」楽しめる記事
          tunageru公式note
        • クリエイター側の人に読んでもらいたい記事
          tunageru公式note
        • ファッション小話
          tunageru公式note
        • AIとファッション
          tunageru公式note
        • 日本のお宝再発掘〜ビジネスのヒントになるかもしれない日本文化
          tunageru公式note
        • 生地に詳しくなれるマガジン
          tunageru公式note

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          絶対押さえておきたい! 2024年春夏ファッショントレンド速報⑤ 【ナチュラルリソースへの敬意】

          2024年春夏のファッショントレンド分析に基づいて、1年後のストリートを席巻しそうなファッションアイテムをAIと一緒に作ってみました。 第5弾で注目したいテーマは【ナチュラルリソースへの敬意】! 壮大な自然を感じさせるような素材とカラーリングを伝統的な技術で表現したマクラメやフリンジなどのディテールが増えそうです。 第1弾から第4弾までは、こちらのマガジンにまとめています。 24SSファッショントレンド⑤【ナチュラルリソースへの敬意】キーワードは、 具体的には、下記の

          絶対押さえておきたい! 2024年春夏ファッショントレンド速報⑤ 【ナチュラルリソースへの敬意】

          映画『パルプ・フィクション』にみる90sファッション

          こんにちは。暑さが日に日に増してきましたね。 唐突ですが、クウェンティン・タランティーノはご存じでしょうか? 御年60を迎えた映画監督である彼は、ハリウッドの最も認知度の高い監督の一人であり、代表作に"レザヴォア・ドッグス" "キル・ビル" "ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド"などがあります。 中でも映画『パルプ・フィクション』は、クウェンティン・タランティーノの代表作の一つであり、公開から長い年月が経つものの未だに根強い人気を誇る作品です。 そのことを示すか

          映画『パルプ・フィクション』にみる90sファッション

          絶対押さえておきたい! 2024年春夏ファッショントレンド速報④【軽やかなミニマリズムへの歩み】〜AIとファッションデザインして解説!〜

          24SSファッショントレンドを、AIによるデザイン画で解説する大人気連載企画、第4弾では、絶対に外せない5大トレンド【軽やかなミニマリズムへの歩み】に注目します。 ※2024年春夏ファッションの5大キーワード一覧。 ①【自由なトランスカルチャー】※記事公開中 ②【ユートピアへの逃避】※記事公開中 ③【機能の現代的ハイブリッド】※記事公開中 ④【軽やかなミニマリズムへの歩み】 ⑤【ナチュラルリソースへの敬意】※後日公開します☺️ 6月後半から、2024年春夏コレクションが続

          絶対押さえておきたい! 2024年春夏ファッショントレンド速報④【軽やかなミニマリズムへの歩み】〜AIとファッションデザインして解説!〜

          Pinterestが発表した新機能「Shuffles」がすごい!!全世界で大注目の訳!

          InstagramやTwitterに加えて、Pinterestを愛用している方も多いのでは? 特にファッション、デザイン、アートが好きな方にとっては、クオリティーの高い画像が豊富でインスピレーションやアイディアを求めているときにぴったりのアプリですよね! そんなPinterestが、2023年6月2日に新アプリ「Shuffles」を正式に発表しました! Pinterest上に保存した画像を使って、クリエイティブなコラージュを簡単に行うことができるアプリで、オリジナルのムー

          Pinterestが発表した新機能「Shuffles」がすごい!!全世界で大注目の訳!

          ミレニアル世代のバーキン〜「1500円のユニクロバッグが世界一話題になった」という異例の大事件が示すこれからのファッション〜

          あなたは、2023年1〜3月に世界で最も検索されたファッションアイテムが何か分かりますか? ヒント①: それはバッグです。 ヒント②: それは日本ブランドのバッグです。 答えは、ユニクロのラウンドミニショルダーバッグ(税込1500円!)! 実はこれ、結構すごい事件です。 それも、ファッション史上初!のレベルです。 たった1500円の誰でも買えるバッグが、21世紀のイットバッグの座に躍り出たと言う大事件前述したように、ユニクロのバッグが、2023年1〜3月に世界で1番検索さ

          ミレニアル世代のバーキン〜「1500円のユニクロバッグが世界一話題になった」という異例の大事件が示すこれからのファッション〜

          あのアクリル板は今どこへーコロナ後のアクリル板活用方法まとめー

          自転車で帰宅途中、どこかの家から漂う美味しい香り。 この瞬間、私はようやくコロナの呪縛から解放されたように感じた。 そう、遂に3年間付け続けたマスクを外し、私の日常に香りが戻ってきたのである。 5月上旬に新型コロナウイルスがインフルエンザなどと同じ「5類」に移行したことで、感染対策は個人の判断に委ねられることとなった。 コロナ禍の象徴とも言えるマスクと同様に、近頃あまり見かけなくなったモノがある。飲食店などに設置されていたアクリル板である。 私の通う大学の食堂からも先月

          あのアクリル板は今どこへーコロナ後のアクリル板活用方法まとめー

          2024年春夏のファッションをAIと一緒に考えてみた③【機能の現代的ハイブリッド】

          AIとファッションデザインをして、2024年春夏のトレンドを解説する人気連載。 第3弾のキーワードは、【機能の現代的ハイブリッド】! 数年前からじわじわ流行っているアウトドア、ユーティリティウェア風のデザインがさらに進化してトレンドインする予想です。 この春も大本命トレンドの、カーゴパンツやマルチポケットのディテールなどは来年も続く予定で、2023年と2024年の着こなしの違いも解説していきます。 第1弾【自由なトランスカルチャー】、第2弾【ユートピアへの逃避】を読んで下

          2024年春夏のファッションをAIと一緒に考えてみた③【機能の現代的ハイブリッド】

          2024年春夏のファッションをAIと一緒に考えてみた②【ユートピアへの逃避】

          2024年春夏のファッショントレンド分析に基づいて、1年後のストリートを席巻しそうなファッションアイテムをAIと一緒に作ってみました。 第2弾は【ユートピアへの逃避】トレンドに注目します。 第1弾はこちら。 24SSファッショントレンド②【ユートピアへの逃避】キーワードは、 具体的には、下記のようなアイテムがトレンドインする予感です。 2024年春夏ファッションのトレンドをもっと知りたい方はこちらをご覧ください。 トレンドをおさらいしたところで、早速ビジュアル化し

          2024年春夏のファッションをAIと一緒に考えてみた②【ユートピアへの逃避】

          2024年春夏のファッションランウェイをAIと一緒に考えてみた① 【自由なトランスカルチャー】

          2024年春夏のファッショントレンド分析に基づいて、1年後のストリートを席巻しそうなファッションアイテムをAIと一緒に作ってみました。 今回の心強い相棒は、画像生成AIのミッドジャーニーです。 第1弾で注目したいファッショントレンドは【自由なトランスカルチャー】! ハンドメイドライクなフューチャリズムなど、異質なものを共存させるアバンギャルドな矛盾のレイヤードから生まれる新鮮さがポイントになりそうです。 2024年春夏ファッショントレンドを詳しく知りたい方はこちらをご覧く

          2024年春夏のファッションランウェイをAIと一緒に考えてみた① 【自由なトランスカルチャー】

          WASHI(和紙)は次世代のSUSHIかもしれない

          寿司(SUSHI)が、世界中でSUSHIと呼ばれるように、実は、和紙(WASHI)も世界で通じるらしい! 海外で人気高まる日本の文具 海外では、日本のマスキングテープ、いわゆるマステが大人気だそう。 英語でマスキングテープが何と呼ばれているか、知っていますか? その名も、" washi tape " 和紙テープ!! この名で呼ばれている理由は、海外でマスキングテープというと、工業用のテープを指すのが一般的なので、それと区別するため。 日本のカラフルで可愛らしいマステ

          WASHI(和紙)は次世代のSUSHIかもしれない

          日本の農村で生まれた布、BOROが世界を魅了している話

          日本に眠るお宝が、日本国外で賞賛されることは珍しくない。 今回注目したい『BORO』も、日本ではあまり知られてないが、世界で人気を誇る正真正銘の日本文化の1つ。 アート・ファッション界からラブコールが絶えない『BORO』はサステナブルファッションの教科書でもある。 21世紀の私たちが学ぶべき日本の知恵『BORO』の愛され遍歴を見ていこう。 BOROは東北の農村で生まれたBOROは、たくさんの古布を継ぎはぎして作られた布で、日本語の形容詞「ボロボロ」に由来している。 寒さを

          日本の農村で生まれた布、BOROが世界を魅了している話

          宇仁繊維株式会社の2023年春夏コレクション ~UNI COLLECTION 23 Spring/Summer~展示会レポート

          衣服のデザインの印象の大半を決めると言っても過言でない、テキスタイル。 主にデザイナーや商社向けに年に2回ほど開催される、テキスタイルの展示会を取材してきました。 今回は、2023年春夏コレクションです。 tunageruとは弊社、株式会社ディープラストレーディングも、生地専門の商社です。 主に、アパレルやインテリア関係のバイヤーさんに向けて、日本全国のテキスタイルのすべての取引をオンラインで完結できる「tunageru」というウェブサービスを運営しています。 プラットフ

          宇仁繊維株式会社の2023年春夏コレクション ~UNI COLLECTION 23 Spring/Summer~展示会レポート