ツカム@ウクレレアーティスト
絵画からイメージ作曲2022.8.5(323)
見出し画像

絵画からイメージ作曲2022.8.5(323)

ツカム@ウクレレアーティスト

「リヴィウ、シュナイダーズ・カフェ」ドブロウォルスキー 1907年

カフェを描いた作品は多くあるが、
この作品はかなり寄った構図になっている。
その意図は?わからないがジャズが聞こえそう。


9th 11th を入れたホ短調になりました。

ホ短調 4分の4アンダンテ
オド・ドブロウォルスキーは、ポーランドとドイツの血を受け継ぐリヴィウのアーティスト。水彩画を得意とした画家として知られ、パステル画やリトグラフにも長けていました。この絵は画家の最初期の作品で、パリを旅するようになる前に制作されたもの。主題は1907年に閉店される直前のカフェ。前景を強調した構図で、リヴィウのアカデミーナ通り7番地にあった旧シュナイダー・ビルの角を描いています。右手の田舎風の壁にはアーチ型の窓。窓の上にはバルコニーがあり、左手には金属のフェンス。その奥にあるカフェの日除けの下にはテーブルが置かれています。色彩について言うと、黒墨の面と水彩の明るい色調の平面とを対比させて、南向きのファサードに当たる陽光の明るさを表現しています。
デイリーアートより
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ツカム@ウクレレアーティスト
ウクレレアーティスト&作曲家。大阪芸術大学音楽部卒業。毎日、絵画を観て、直感でモチーフ程度を作曲。327日連続更新中。一年続けるとどう変わるのか実験?アルバム「ウクレレ琉球弁当」配信&収益中! https://lit.link/tsukamu358