麻布十番駅でふと思った、僕と世界との関わりのカタチ
見出し画像

麻布十番駅でふと思った、僕と世界との関わりのカタチ

<お知らせ>

この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。

ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください!

</お知らせ>

--------

昨日待ち合わせのため、自宅から歩いて麻布十番駅まで行った。

自分が地下鉄に乗るわけではなかったが、麻布十番駅に行ったこと自体が、いつ以来だか分からないくらい久し振りのことだった。

時間よりちょっと早く着いたので、ぼんやりと行き交う人たちの流れを眺めていた。

時刻は17:30を過ぎていたので、帰りの通勤ラッシュが徐々に始まるくらいのタイミングだが、麻布十番駅は、すごいオフィス街というわけではないので、朝夕のラッシュアワーもそれほどのすごい人混みにはならない。

比較的若い人が多かったと思うが、麻布十番から乗る人、麻布十番で降りる人、大江戸線に乗り換える人などが行き交うのを見ていたら、ちょっと不思議な感覚を覚えた。

この続きをみるには

この続き: 1,061文字
記事を購入する

麻布十番駅でふと思った、僕と世界との関わりのカタチ

立花岳志

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます^ ^
作家/プロブロガー/講演家/心理カウンセラー。 noteには継続課金マガジン「立花岳志のブログに書けない本当の話」とメルマガ「プロブロガー・総合情報発信者への道」バックナンバーを公開中。