見出し画像

タブーだった二つの時代の土地を訪れ、封印を解く 〜 後編

<お知らせ>

この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。

ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください!

</お知らせ>

--------

昨日の続き。

一昨日の金曜日の午後から夜にかけての大遠征。昨日は一回目の結婚のときに住んでいた西東京市(当時は保谷市)東伏見について書いた。

今日はそのあと夕方に訪れた、杉並区浜田山について書こうと思う。

僕の両親は僕が小学校5年生のときに離婚して、僕は弟とともに母方の家で育てられることになった。

そのときに父の戸籍から抜けて母の戸籍に移り、名字が「大矢」から「立花」に変わり、本籍地も父の実家があった杉並区浜田山から母の実家があった港区西麻布に変更になった。

そう、杉並区浜田山は僕の父の実家があった場所で、そして僕が生まれた場所でもある。

この続きをみるには

この続き: 4,222文字
記事を購入する

タブーだった二つの時代の土地を訪れ、封印を解く 〜 後編

立花岳志

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます^ ^
12
作家/プロブロガー/講演家/心理カウンセラー。 noteには継続課金マガジン「立花岳志のブログに書けない本当の話」とメルマガ「プロブロガー・総合情報発信者への道」バックナンバーを公開中。

こちらでもピックアップされています

立花岳志のブログに書けない本当の話
立花岳志のブログに書けない本当の話
  • ¥1,000 / 月

作家・ブロガー・カウンセラーの立花岳志が日々感じたこと、学んだことなど、実践していることなどを、等身大のエッセイスタイルでお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。