僕が借金を907万円作って学んだ 「キャッシュレス時代だからこそ『現金』が大事」という教訓
見出し画像

僕が借金を907万円作って学んだ 「キャッシュレス時代だからこそ『現金』が大事」という教訓

<お知らせ>

この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。

ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください!

</お知らせ>

--------

ここ数年僕はいつもお金に困っていた。

というか、振り返ってみると、会社員を辞めて独立してからつい最近まで、お金に困っていない時期ってなかったんじゃないかと思う。

独立以来ずっと売り上げは右肩上がりだったので、お金はどんどん入ってきた。

でも、それと同じだけか、それ以上の額がいつも片っ端から出ていくようになっていた。

1,000万円稼いでいたときは、出ていくお金も1,000万円。

3,000万円稼いでいたときは、出ていくお金も3,000万円か、3,100万円。

5,500万円稼いだ去年は、出ていくお金も5,500万円以上。

5,000万円稼いで1,000万円が出ていくようになれば、あっという間に4,000万円が貯まるはずなのだが、なぜか僕の人生はそうなっていなかった。

ところが、その図式が大転換を起こした。

この続きをみるには

この続き: 2,742文字
記事を購入する

僕が借金を907万円作って学んだ 「キャッシュレス時代だからこそ『現金』が大事」という教訓

立花岳志

2,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます^ ^
作家/プロブロガー/講演家/心理カウンセラー。 noteには継続課金マガジン「立花岳志のブログに書けない本当の話」とメルマガ「プロブロガー・総合情報発信者への道」バックナンバーを公開中。