「まとまった時間」と「早寝」の関係性
見出し画像

「まとまった時間」と「早寝」の関係性

<お知らせ>

この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。

ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください!

</お知らせ>

--------

今週は鎌倉に5泊6日と長い滞在ができた。

後半はあやちゃんは東京に帰ったのでネコたちとの一人合宿状態。

外食しないし自分のリズムで生活できるので、上手く早寝ができ、すると早起きにもなる。

今朝も5時半過ぎにパッチリ目が覚めて行動開始。

で、最初にやったことが読書だ。

実は佐々木さんの本を読み始めたときも、たまたま早く起きて読み始めたらリズムに乗り、2日で読了。

次に読み始めた内藤忍さんの本も、昨日の夜に半分くらい読み、今朝残り半分の大半を読んでしまった。

読書をしてもまだ6時半とかなので、当然朝食も早くなり、すると仕事の開始時間も早くなる。

今はランニングは日中走っているが、午前中の仕事のメドが立つのも早くなるので、ランニングの距離も長くなる。

そして長く走ると身体が疲れるので、夜はすぐ眠くなり、また早寝ができる、という好循環に入れた。

この続きをみるには

この続き: 1,434文字
記事を購入する

「まとまった時間」と「早寝」の関係性

立花岳志

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます^ ^
作家/プロブロガー/講演家/心理カウンセラー。 noteには継続課金マガジン「立花岳志のブログに書けない本当の話」とメルマガ「プロブロガー・総合情報発信者への道」バックナンバーを公開中。