見出し画像

家がコックピットで街に住む感覚

<お知らせ>

この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。

ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください!

</お知らせ>

--------

先日ブログに書いたとおり、六本木から南麻布への引っ越しが決まった。

いまの六本木の家は、麻布地区のほぼ北の端にあり、今度の家は南麻布というくらいで、麻布地区の南の端に近い。

六本木と南麻布の間には、麻布十番と元麻布があるので、遠い印象があるけれど、こないだ自転車で走ってみたら、ほぼ直線コースで5分しか掛からなかった。

Google Mapsで見ると、六本木の家から新居まで1.8kmほど。自転車で5分ということは、歩くと約15分ということで、鎌倉の家からJR鎌倉駅までが徒歩15分なので、そんなものだ、という感じ。

ただし、最短距離を行くためには、六本木の家を出て、鳥居坂を下り、暗闇坂を登る必要がある。

どちらの坂も、坂が多い麻布の中でも屈指の急坂なので、電動アシスト付き自転車じゃないと辛いところ。

この続きをみるには

この続き: 1,564文字
記事を購入する

家がコックピットで街に住む感覚

立花岳志

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます^ ^
4
作家/プロブロガー/講演家/心理カウンセラー。 noteには継続課金マガジン「立花岳志のブログに書けない本当の話」とメルマガ「プロブロガー・総合情報発信者への道」バックナンバーを公開中。