見出し画像

麻布と鎌倉のライフスタイルが偏りすぎている

<お知らせ>

この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。

ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください!

</お知らせ>

--------

ある意味デュアルライフを始めてからずっと同じ課題を抱えて日々生きている気がする。

2016年10月に東京の、当時は六本木と鎌倉のデュアルライフをスタートさせ、もう2年半がたった。

いまでは行ったり来たりの生活がすっかり当たり前になり、二週間鎌倉に行かないと欲求不満になるようになった。

去年の11月に六本木が自宅からオフィス兼スタジオに使い道が変わったが、大都会東京の中でも最先端の街である六本木と南麻布と、海と山と太陽と歴史の町鎌倉のデュアルライフは、控え目にいっても最高。

でも、最高とはいえ、やはりどんなライフスタイルにも長所があれば短所もある。

デュアルライフの最大の問題は、「僕という人間は、二つの場所に同時に存在はできないこと」だ。

まったく現実から離れて、完全なる妄想の世界で会話をするなら、僕の理想の生活は、麻布と六本木と鎌倉に同時に存在することだ(笑)。

家賃を三拠点分払っていても、人間が存在できるのは常に1箇所。

もちろん家具やら洋服やらは置きっぱなしだから、存在していない間だって使っているわけだが、そういう問題ではなく。

そして、もう一つの課題が、「ライフスタイルが偏る」ことだ。

この続きをみるには

この続き: 1,756文字
記事を購入する

麻布と鎌倉のライフスタイルが偏りすぎている

立花岳志

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
7
作家/プロブロガー/講演家/心理カウンセラー。 noteには継続課金マガジン「立花岳志のブログに書けない本当の話」とメルマガ「プロブロガー・総合情報発信者への道」バックナンバーを公開中。

こちらでもピックアップされています

立花岳志のブログに書けない本当の話
立花岳志のブログに書けない本当の話
  • ¥1,000 / 月

作家・ブロガー・カウンセラーの立花岳志が日々感じたこと、学んだことなど、実践していることなどを、等身大のエッセイスタイルでお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。