見出し画像

僕の中にかつてあった「熱狂」と「扇動」

<お知らせ>

この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。

ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください!

</お知らせ>

--------

今朝のメルマガに書いたことをもう少し深く掘り下げてみたい。

先週サポートメンバーの石和さんとのやり取りの中で出てきたキーワード「熱狂」。

「たちさんに『熱狂』はありますか?」という問い(文脈は一切無視してます)に対して、僕は「そんなものは1グラムもない」と即座に感じたのだった。

そのときは、石和さんに対してではなく、その「熱狂」という言葉に対して、僕は明確に苛立ちを感じ、そのキーワードから目を反らそうとした。

でも、そのあと、じわじわとこのキーワードがボディブローのように効いてきた。

そして、昨日のツナゲルサロンの月例会の中で、僕の中で「熱狂」というキーワードに、小さな火が灯った気がした。

この火は、とても小さい火なんだけど、ここ数ヶ月、いやここ数年感じたことがない、大切な宝物のような気がした。

この続きをみるには

この続き: 2,559文字 / 画像1枚
記事を購入する

僕の中にかつてあった「熱狂」と「扇動」

立花岳志

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます^ ^
20
作家/プロブロガー/講演家/心理カウンセラー。 noteには継続課金マガジン「立花岳志のブログに書けない本当の話」とメルマガ「プロブロガー・総合情報発信者への道」バックナンバーを公開中。

こちらでもピックアップされています

立花岳志のブログに書けない本当の話
立花岳志のブログに書けない本当の話
  • ¥1,000 / 月

作家・ブロガー・カウンセラーの立花岳志が日々感じたこと、学んだことなど、実践していることなどを、等身大のエッセイスタイルでお届けします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。