見出し画像

遠い未来を見るためには近くにある障害物を取り除けばいい

<お知らせ>

この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。

ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください!

</お知らせ>

--------

引き続き前倒しについていろいろ考え、そして行動をして、様々なことを思い出す日々。

いつから忘れてしまっていただろう?

月曜日の午後に金沢から鎌倉に戻ってきた。

北陸新幹線は先月の台風の被害のため暫定ダイヤで運転しており、午後の時間帯の「はくたか号」はすべて各駅停車になっている。

通常はくたか号は金沢から長野までが各駅停車で、長野から東京の間は高崎、大宮、上野しか止まらない。

しかし水没してしまった車両の不足分を補うため、いつもは長野〜東京間の「あさま号」に運用している車両を「かがやき」「はくたか」に転用しており、あさま号が減っている。

そのためはくたかが各駅停車になり、あさまが減っている分のお客さんを拾うという、なかなかハイレベルな運用をしている。

この続きをみるには

この続き:1,737文字
記事を購入する

遠い未来を見るためには近くにある障害物を取り除けばいい

立花岳志

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6
作家・ブロガー・カウンセラー。ブログNo Second Life運営。六本木と鎌倉のデュアルライフ実践中。noteにはブログに書けない「ライフスタイル」「お金」「パートナーシップ」を中心に有料コンテンツを配信。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。