見出し画像

30年ぶりに音楽スタジオに入ったらワクワクが止まらない

<お知らせ>

この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。

ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください!

</お知らせ>

--------

今週金曜日に開催する、「R-Spirit」というライブ・イベントに向けて、昨日は高田馬場にある練習スタジオに入ってリハーサルをした。

音楽のスタジオに「参加者」として入るのは、多分約30年ぶりのこと。

僕は高校2年生のときに友達とアマチュアバンドを結成して、大学2年になるかならないか、くらいまでバンド活動をしていた。

高校生のときはBOØWYがすごく流行っていたので最初はBOØWYのコピーバンド。

そのあとはビートルズのコピーをやったり、またBOØWYに戻ったり、最後の方はレッド・ツェッペリンやKISSなど70年代ハードロックをやってオシマイ、という感じだった。

一つのバンドをずっとやっているのではなく、最初は高校の同級生と組み、そのあとは軽音楽部に所属してそこのメンバーと。

そのあとは地元の喫茶店で知り合った人たちとやったりと、毎回メンバーはバラバラで、ライブごとにジャンルも曲もバラバラだった。

バンド活動をやめてしまった一番大きな理由は、進化しない自分に嫌気が差さした、というのが一番大きかった気がする。

ご存知かと思うが、僕は父がテナーサックス奏者、母がジャズの弾き語り(ピアノ&ヴォーカル)、祖母もクラシックの歌手という家庭に生まれた。

この続きをみるには

この続き:1,450文字
記事を購入する

30年ぶりに音楽スタジオに入ったらワクワクが止まらない

立花岳志

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7
作家/プロブロガー/講演家/心理カウンセラー。 noteには継続課金マガジン「立花岳志のブログに書けない本当の話」とメルマガ「プロブロガー・総合情報発信者への道」バックナンバーを公開中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。