「働く時間が短すぎる」という贅沢すぎる課題
見出し画像

「働く時間が短すぎる」という贅沢すぎる課題

<お知らせ>

この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。

ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください!

</お知らせ>

--------

このところ、ちょっと自分の一日の過ごし方に課題というか、改善すべき点があるのでは?と感じている。

これは本当に贅沢すぎる課題なのだが、僕は本当に自由なのだ。

講座やセミナーがある日はその時間に講座を開催している必要があるが、それは月に数日だし、そもそも自分で企画したセミナーに自分が登壇するのだけのこと。

それ以外の日というのは、基本的に24時間完全に自由だ。

たとえば今日も明日も、対外的な予定は何もないので、僕はいつどこに行って、何をしようと、100%自由なのだ。

この大前提が、そもそも多くの人と違ってしまっていることが多いので、僕の感じる課題というのは、ほとんどの人には当てはまらないだろう。

でも、逆にいうと、そこまで自由な人間が感じる課題とは何なのか、という意味で、興味はそそるかもしれないので、書いてみる。

この続きをみるには

この続き: 2,490文字
記事を購入する

「働く時間が短すぎる」という贅沢すぎる課題

立花岳志

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます^ ^
作家/プロブロガー/講演家/心理カウンセラー。 noteには継続課金マガジン「立花岳志のブログに書けない本当の話」とメルマガ「プロブロガー・総合情報発信者への道」バックナンバーを公開中。