「引っ越しは大変」はビリーフだった?
見出し画像

「引っ越しは大変」はビリーフだった?

<お知らせ>

この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。

ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください!

</お知らせ>

--------

引っ越しの荷造りを開始して、「あれ?」と思ったことがある。

土曜日の朝から荷造りをスタートさせたのだが、土曜日の午前中と夜で24箱の段ボールが出来上がり、大量にある本が全部片づいてしまったのだ。

「しまった」というのは変な言い方だが、要は、「想像していた大変さよりも、大幅に短時間で片づいてしまった感覚」だったのだ。

本棚が片づいてしまえば、あとは洋服、食器と調理器具、あとはデスク周りの仕事道具といったところだが、それらはそれぞれ段ボール数個でこと足りてしまう。

「あれ?引っ越しってもっと大変じゃなかったっけ?」というのが正直な感想だ。

この続きをみるには

この続き: 1,610文字
記事を購入する

「引っ越しは大変」はビリーフだった?

立花岳志

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます^ ^
作家/プロブロガー/講演家/心理カウンセラー。 noteには継続課金マガジン「立花岳志のブログに書けない本当の話」とメルマガ「プロブロガー・総合情報発信者への道」バックナンバーを公開中。