見出し画像

ノコギリで木を切り倒せるのは、そのしくみを理解して再現できるから。

4期生の大賀です。

ヤモリーズでは初夏の季節、町内の小学生と間伐体験をやるのがすっかり恒例になっています。

小学生にチェーンソーはもちろん扱えないので、伐倒のための受け口・追い口を切るのはノコギリです。

「しっかり両手でノコをまっすぐ引いてー」とか、

「その角度じゃダメだよー」とか、

いろいろ言ってる最中、ふと己に問いました。


お前、ひとりでノコギリで木を切り倒したことがあるのか?


・・・。ない。チェーンソーでしか切ったことない。


ノコギリで切ったこともないのに、小学生に偉そうなこと言えるのか?

・・・。


お前の伐木技術は所詮、チェーンソーの動力まかせのペラッペラなもんじゃぁないのか?

・・・。


というわけで、ひとりでノコギリで切ってみました。

結論:うまく伐倒できました(ホッ)。

以下、かんたんな手順です。


0.使用するノコギリ

つかったノコギリはシルキー「ガンファイター」。

ノコギリの必須条件としては、刃がカーブソーでなくストレート(まっすぐ)であること。理由は後述します。

1.伐倒方向をきめる

まず周囲の状況を見て、木を倒す方向(伐倒方向)をきめます。

今回は星印の間をねらいます。

2.ロープのセッティング

今回の木(ヒノキ)は周囲の枝振りをみると、クサビで木をかたむけるだけでは倒れなさそうでした。

なので最後にロープを引っぱって倒します。伐倒方向から引くのは危険なので、滑車をつかって別の角度から引けるようにします。

3.木の根元の片付け

木の根元にある邪魔なものを片付けて、しっかりと足場を確保します。

4.伐倒方向の補助線を引く

これから受け口をつくっていくための、方向決めの補助線を引きます。

木は「受け口の口元の直線」に対して直角に倒れます

「受け口の口元の直線」はつまり「ノコギリの刃の直線」です。

ノコギリをあてる角度で倒れる方向がきまるので、ここは超重要。

伐倒方向をよーく確認しながら、その補助線をすぐ近くに書いてやることで、受け口をつくるときの目標になります。

5.受け口をつくる

先ほどの補助線をしっかり確認しながら、斜めと真横から切りすすんで受け口をつくります。

横側から切るときは、ノコギリがしっかり水平になっていることを確認します。

うまく切り結べばパカっととれます。

6.受け口の方向確認

受け口がきちんと伐倒方向に向いているかを確認します。

受け口の口元にまっすぐなものを直角にあてれば、それが指す方向が伐倒方向になっています。

今回は普段どおりクサビをあてて確認。

クサビが指す方向。

目標とする木の間には入っていました。少し右よりになっている気もしたので、これは追い口で修正します。

(方向がずれていれば基本的には受け口を切り足して修正します。けどノコギリだとそもそも切るのがたいへんなので、最初の斜め切りの角度をしっかり伐倒方向に合わせるのが大事。)

7.追い口をつくる(その①)

ここから追い口をつくっていきますが、受け口よりも難易度があがります。

まず水平に切り込んでいけるよう、受け口の下切りにノコギリをあてます。

次にそのままの角度をキープしながら追い口を切る位置にノコギリをあてて、そこから切り込んでいきます。

受け口下切りの水平を基準にすることで、追い口の水平が出しやすい。チェーンソーで切るときと同じです。

しばらく切りすすんだら、クサビを抜けない程度に打ち込みます。

追い口を切っている途中、木が追い口側にかたむく場合もあります。そうするとノコギリがはさまれてしまうので、クサビはスペース確保のため。

8.追い口をつくる(その②)

ここから追い口の最終ラインをきめていきます。

受け口の口元との間には「ツル」という切り残しをつくります。

ツルは木が倒れる支点になるとっても大事なものなので、切りすぎはぜったいダメ

そしてツルは均一な厚さになるようつくります。なので「受け口の口元」と平行になるよう、追い口の最終ラインをきめていきます。

口元の直線にまっすぐなものをくわえさせてやれば、それを目安に平行に切っていけます。

切りすすんでいくと、木の重心によっては途中で受け口側に倒れていくこともあります。その場合は逃げなきゃいけない。

なので追い口は受け口をつくるよりも危険な作業です。木の様子を確認しながら切りすすみます。

そしてツルが完成しました。

9.ロープで引っぱって倒す

目標としていた場所にきちんと倒れてくれました。ホッ。

切り倒すまでに

・セッティング:5分
・受け口:10分
・追い口:10分

くらいかかりました。

スギにくらべてヒノキは固いので、ノコギリで切るのはめちゃくちゃたいへんでした...。

10.切り株の確認

伐倒した木の切り株を確認してみます。

黄色は追い口の最終ライン。しっかり直線になっていますが、追い口側から見て右側はすこし多めに切れています。

これは伐倒方向の調整のため、最後に右側だけ多く切り込んでツルの強度を変えてみた跡。

「受け口方向がやや右よりかな?」と思ったので、右側のツルを弱くして左側により倒れやすくしてみました(誤差の範囲な気もするけど...)。

こんな感じで切り株を見れば、伐倒のうまくいった点や失敗した点がわかります。成績表みたいなもの。

まとめ:切り倒すしくみを理解するのが大切

注意点をあげればキリがないので、細かい説明はけっこう端折っています。

けれどチェーンソーでもノコギリでも基本は同じ、受け口追い口。これらは木を確実にコントロールするためにつくります。

木を切り倒すのは奥が深くておもしろい作業ではあるけれど、危険な作業でもあります。

林業における労働災害の中で、伐木作業中がもっとも死傷災害が起きているのも事実。

参照:林野庁 林業労働災害の現況


・・・正直、わりといいかげんにやっても木は切れます。けれど、

「もし伐木を人に教えるなら、木をコントロールするためのしくみを理解して、それが再現できる技術習得は必須だな」

とあらためて思いました。ノコギリで切ってみて。


おしまい。


書いたひと:大賀圭介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご支援いただいたお金は、重機の修繕や消耗品の購入等、ヤモリーズの活動のために使わせていただきます!

3
島根県の西端に位置する津和野町で、自伐型林業に取り組む地域おこし協力隊のアカウントです。隊員6人がそれぞれの視点から、自伐型林業のことはもちろん日々の田舎暮らしのことなども含め更新していきます。https://tsuwano-yamories.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。