見出し画像

嗚呼、素晴らしき上方伐倒

4期生の大賀です。

僕が作業している現場「馬龍山」では作業道開設が終了し、5.1haの間伐を行なっています。

木を切り倒すにはさまざまな道具を使いますが、倒す方向によっても変わってきます。

木を山側に倒すことを「上方伐倒」、谷側に倒すことを「下方伐倒」と呼びます。

↓上方伐倒の様子

この記事では上方伐倒をゴリ押ししてみます。


下方伐倒はラクだけど、、、

基本的に木の重心は谷側にあることが多いので、下方伐倒のほうが倒す労力は少なくすみます。

倒れていく距離も長いのでスピードがつきやすく、木の自重だけで他の木の枝葉を強引にすり抜けることもできます。

受け口と追い口をつくって、クサビを打ち込んで傾けていけば、バキバキと枝葉をなぎ払いながら、豪快な音を立てて地面に着地してくれます。

倒していてけっこう気分が良い、これぞ伐倒。


・・・。

しかし、下方伐倒は諸刃の剣でもあります。

①加速しすぎて地面に着地すると、木が割れることがあります。

②木の自重まかせなので、樹冠の微妙なコントロールや方向の予測がむずかしいです。

③途中で他の木に強固にひっかかった場合、人力ではどうにもならなくなる可能性があります。

④倒れるときにツルが必ず外れるので、その場から大きく谷側に飛んでいきます。場合によっては集材(切った木を集めること)する距離が伸びます。


上方伐倒は大変だけど、、、

そこで上方伐倒です。

上方伐倒はまず木の重心を山側に傾けないといけません。かつ倒れていく距離が短く初速が出ないので、自重だけで他の木の枝をすり抜けることもできません。

つまり、倒すにはそれなりの労力が必要です。

けれど良いところもいっぱいあります。

①ゆっくりと倒れていくので倒れたときに木を傷めにくいです。

②倒れたときにツルが離れていない状態をつくれるので、倒れても木が安定した状態を保てます。

③かかり木にして微調整しながら倒したい場合、樹冠の位置や向きをコントロールしやすいです。

④強固にかかり木になってしまった場合、根元を切り離して谷側にずらすことで樹冠を抜けさせて倒す、という選択肢があります。


・・・などなどいろいろメリットを挙げましたが、個人的に素晴らしいと思うのはその伐倒の様子。

上方伐倒の「倒れていく様」と「倒れた様」。どちらも美しく品があり、見ていて気持ちがいいです(まったく重要じゃないけど)。

なので下方伐倒より上方伐倒のほうが、やっていて楽しいです。


どちらも最初の伐倒方向が重要

基本的には集材を考えて伐倒方向を決めますが、上方伐倒と下方伐倒、どちらも難しさがあり一長一短だと思います。

共通するのは、当たり前ですが最初の伐倒方向が重要なこと。これが正確に出来ていないと上手くいきません。

くわえて、樹冠の枝振りを読みながら、かかり木になるのは前提でそこからどう倒すかの予測。読み誤るとこれもめちゃくちゃ苦労します。

予測するには経験値がものをいうので、「この枝は抜けられるか?」の程度をいろいろ試しながら、日々の間伐に取り組んでいます。


おしまい。


書いた人:大賀

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご支援いただいたお金は、重機の修繕や消耗品の購入等、ヤモリーズの活動のために使わせていただきます!

2
島根県の西端に位置する津和野町で、自伐型林業に取り組む地域おこし協力隊のアカウントです。隊員6人がそれぞれの視点から、自伐型林業のことはもちろん日々の田舎暮らしのことなども含め更新していきます。https://tsuwano-yamories.com/

コメント2件

知らないことを知るって本当に楽しいです。これからも楽しみにしています!ばっさい〜!
ご覧いただきありがとうございます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。