椿 由紀(Yuki Tsubaki)
ナザレンコアンドリーさんの新刊を読みました
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

ナザレンコアンドリーさんの新刊を読みました

椿 由紀(Yuki Tsubaki)

📘在日ウクライナ人政治評論家ナザレンコ・アンドリー氏の著書を読みました。
https://amzn.to/3P5MrwC

ロシアのウクライナ侵攻、プーチンの発言(内容がコロコロ変わっている)を時系列を追ってレポートしており、情報が新しいので出版日時を調べたら、今年の5/3でした。
本屋さんで目立っていて買ったのですが、どうやら発売日当日に買ったようです。

ウクライナ・ロシアの歴史と現状はもちろん、日本の政治の問題点についても鋭く指摘しています。
例えば私自身は、同性婚も夫婦別姓も賛成ですが、アンドリー氏は、LGBT利権を過剰に守り続ける危険性(実際に欧米で起こっている過剰な個人主義、家族制度崩壊)など、自分にない視点を教えてくれました。

アメリカの人気議員、オカシオコルテスさんが、政治イベントで“Tax the rich”と書かれたドレスを着ていたそうで、(検索したら見つかったので写真を貼ります)
アンドリーさんは「なぜ”Save the poor”と書かないの?そちらの方が倫理的には正しいのでは?」と疑問を投げます。このように、共産主義が失敗してきた理由など、具体例付きの各イデオロギーの説明がわかりやすいです。
サッチャーの残した言葉”The problem with socialism is that you eventually run out of other people's money.”の意味がよく分かりました。

個人的には、アンドリーさんのような優秀な人が、なぜ日本留学を選び、今も日本で執筆活動を続けているのか気になりました。Twitterのフォロワーは20万人。ほぼ日本語のツイートです。この本は翻訳者の名前がないので、ご自分で日本語の原稿を書いたのでしょうか。18歳で日本に来たのに、こんなに日本語が上手なのかと驚かされます。

読書日記に使っているのは、有子山博美先生の英語手帳です。
昨日の単語はgritで、何となく聞いたことはありましたが、Romy先生がマンスリーコラムで詳しく解説してくださっています😃

📖英語手帳 2022年度版(ホワイト)
https://amzn.to/3slGylk

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
椿 由紀(Yuki Tsubaki)
英語塾講師・シンガーソングライター・小中学生向けオリジナル英語教材を執筆&販売・年間200冊の読書・TOEIC965・英検一級・通訳案内士・コーヒーとお菓子が好き☕️🧁デビュー曲”Just because I am I”がiTunesで発売中♬