日ごと夢見る食べ物写真たち

178

夏のフルーツ満載の「あんずとパッションフルーツのレアチーズ」、はいむる珈琲さんにて。大好きなレアチーズソースは、全てを包み込んで「おいしい」に導いてくれるけど、メニューに名前がラインナップされていないのにも関わらずものすごい存在感のすもも! 生食感すごい。ゴロゴロの果肉、ご立派!

こひる庵さんの「かさねごま」です。まっっ黒! だけど「こひる庵」さんに絶大な信頼を置いてる私は、おいしいに違いない、と普通にオーダー。ごまの香りが充満し、濃厚なごまだれの間をさまようチーズクリーム、胡桃と共にスプーンに乗せると、全ての不安は飛び去り、うなづくだけの幸福が舌の上に!

浅草浪花家さんの「さわやかみるくとキウイ」絞りレモン付き。久々のさわやかみるく系だったけど、キウイの酸味とベストマッチで、お口の中に涼しい風が吹くような感じ。もちろん内部にも、たっぷりのキウイが。レモンを使うタイミングは、半分くらいで実行。パーッと香り立ってさらに美味しくなったよ

「こひる庵」さんの「枝豆夏子」。枝豆のきれいな緑色に覆われた氷の天辺には、飴がけされたプチトマトが。味変用にお塩まで。中には、新鮮な枝豆がそこかしこに見え隠れ…。それらをしっかりまとめてくれるのは、もちろん定評あるこひる庵さんのミルクソース。これはどんな時でも、秀逸でうっとりよ。

メロンパンで有名な浅草「花月堂」さんの店先にて、ちょっと休憩の「ミルク」だよ。ふわ~。きめ細かな氷が溶けていき、少し凍った練乳がサクサク感を増してくれ、その微妙なバランスが、夢心地。そのうちに氷がひきしまってきて、きしきしって感じで、存在感を増してく。これは、癖になるね。ほんと。

新宿「氷おばけ」さんのその名も「夏の大地氷」ね。黄色いソースの基本は、コーンだよ。ほんのり香る程度なので、違和感は全くなし。ゴーヤやオクラのドライが天辺に刺さってるけれど、これまた夏を彩る野菜たち。ちりばめられてるのは、ドライトマトという徹底ぶり。夏を乗りきるためのチャージだね。

初訪目白の「志むら」さん、タイトルもそそられまくりの「味噌ナッツとみたらしバター」だよ。そんなにこってりとするわけでなく、独特のフォルムのスプーンによりスルスルとお口の中に。白玉がいくつか内蔵されていて、その食感も楽しい。よく写真で見ていたユニークな形状を体感でき、二重丸でした。

両国「こひる庵」さんの順番待ちをしている時。もう、頭も口も「氷」モードになってたんだろうね。駅前の江戸のれんビルで見かけたこのボードを、かき氷の写真と完全勘違い。イチゴのエスプーマクリームがかかってる? なんて右上の写真を見て思ったけれど、ここはもんじゃ焼き屋さんだったんだよー。

サカノウエカフェさんの「すもも太郎」だよ。赤く鮮やかなすももソースは、ガツンと来るくらいに酸っぱいけれど、天辺にまとってるクリームが、その酸味を緩和する役割と全体をきれいにまとめてくれる役を果たしてる。で、時折り横から崩していくと、そこにもミルク感たっぷりの氷があって緩急が完璧!