見出し画像

シンプル煮豚

シンプルな煮豚のレシピです。

豚肩ロース300g
水    400cc
酒    200cc
砂糖   大さじ2
醤油   大さじ2
塩    小さじ1/8(0.7g程度=親指と人指し指でつまんだくらい)

豚肉は肩ロースを使いました。バラ肉よりも脂が少ないので、油抜きの手間がいらないというのがその理由。コラーゲンも豊富なのでじっくりと煮込むとおいしい部位です。

豚肩ロースは4cmを目安に長方形にカットします。煮込むと小さくなるのでやや大きめに。テフロン加工のフライパンを中火にかけて焼いていきます。豚から油が出るので油を入れる必要はありませんが、あらかじめ油を入れて焼いた方が豚の脂が多く落ちます。

四面をこんがりと焼いたら鍋に移します。

醤油以外の材料を加えて、中火にかけます。沸騰したらアクをとり、弱火に落として、1時間。この段階で昆布を入れるともっとおいしくなります。

1時間経過したら醤油を加えて、さらに一時間煮込みます。

計2時間、煮込んだ状態。仕上げに塩をほんの少量加えて味を引き締めたら出来上がりです。

肩ロースなのでわりとキシキシした感じの食感ですが、これはこれでさっぱりとして悪くないかな、と。肩ロースはよく動かす部位なので味はよし。脂と筋の多い肩ロースを選ぶことが最大のポイントかもしれません。もちろん、ゆで卵を入れたり、大根や里芋を入れたりといったアレンジは自由です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

撮影用の食材代として使わせていただきます。高い材料を使うレシピではないですが、サポートしていただけると助かります!

ありがとうございます。料理のリクエストがあればコメントに是非
297
樋口直哉 作家・料理家 主な著作として小説『スープの国のお姫様』(小学館)ノンフィクション『おいしいものには理由がある』(角川書店)料理本『最高のおにぎりの作り方』(KADOKAWA)など。